スマートフォン版へ

北海道深川市


安全でおいしい水

深川市の水道水

安全な水の供給は、水道事業の最も重要な使命です。
水道水は、直接人の生活・健康にかかわるため、常に安全でなければなりませんが、
しかし、近年、河川や湖沼などの水質汚濁は複雑になり、O-157、クリプトスポリジウム(原虫の一種)、有害化学物質などの新たな水質問題がでてきました。
このため、水道水の安全性について、51項目の水質基準や監視項目などをクリアすることが必須条件となっています。
深川市(更進地区除く)の水道水は沼田ダムを水源としています。
このダムの上流は人の居住していない地域で、牛などの牧場もなく、生活排水、工業排水、農畜産排水などが混入しない恵まれた水源です。
北空知広域水道企業団から、深川市へ送水される水道水は、水質基準などすべての検査項目を満たしている安全な水でなければなりませんので、浄水場では、ダムの原水をはじめ、沈でん水やろ過水、浄水などの水質を随時監視しています。
また、浄水場内の水質試験室では、精密な検査機器で味や臭気、色度や濁度などの項目について毎日検査を行い、住民に送水する水が水質基準に適合し、安心して飲める水かどうかを試験・監視しています。
そのほか、一般細菌や大腸菌群、有機物や鉄などの項目についても毎日検査を行うとともに、外部の検査機関による専門的な検査も実施しています。
また、深川市でも、浄水場から送られてきた水について独自に検査を行い、安心して飲むことができる、きれいな水が届いているか確認しています。
厚生省では、臭気やPH値、硬度や残留塩素濃度などの項目を基に「おいしい水の要件」を示しています。
深川市の水道水は、この要件に適合しており、わたしたちが毎日口にしている水は、「安全でおいしい水」なのです

問合わせ先・担当窓口

建設水道部 上下水道課 工務係