スマートフォン版へ

北海道深川市


病児・病後児保育事業

病児・病後児保育室の写真
病児・病後児保育室「すくすく」

場所:深川市6条6番1号 深川市立病院4階 健診センター奥の専用スペース

子どもが病気の時、保護者が看病するのが前提で、お子さんにとっても一番安心できるのは保護者ですね。でも「明日は保育園に行けるかしら?」、「保育所は休ませたいけど仕事は休めない…」などと困ったことはありませんか?
「病児・病後児」保育は、保育所に通所しているお子さんが病気の時で、集団保育が困難な場合に保護者に代わってお子さんをお預かりする事業です。
ただし、高熱や嘔吐、下痢が続いたり、ぐったりしている状態のお子さんは、ご家庭で看護をお願いします。

対象者

市内に住み、市内の保育所に通っている児童、保護者が就労等している幼稚園児及び小学校に通っている児童(満1歳以上から小学校3年生まで)

1人1日当たりの利用料

  • 市民税課税世帯:2,000円
  • 市民税非課税世帯及び生活保護世帯:1,000円

利用の流れ

  1. 事前登録:いつでも利用できるように、事前に登録してください。
  2. 予約確認:定員があるので、空き状況を確かめて仮予約してください。
  3. 診察・利用申し込み
    • 主治医に、病児保育で保育できるかどうか相談し、「病児・病後児保育医師連絡書」の発行を受け、利用の申し込みをしてください。
※利用の申し込みは、利用日の前日の正午までに子育て支援センターに連絡してください。利用の際の注意点や持ち物など詳しくは、担当職員が説明いたします。
※「病児・病後児保育医師連絡書」は深川市立病院小児科外来、津田こどもクリニック、本間クリニックに備え付けてあります。これ以外の医療機関に受診する際は、下記からダウンロードするか担当窓口に問い合わせてください。なお、市内の医療機関では「病児・病後児保育医師連絡書」の発行は無料です。

手続に必要なもの

登録申込書、利用申請書、医師連絡書、印鑑
申請様式は担当窓口で用意しているほか、下記よりダウンロードできます。

問合わせ先・担当窓口

深川市子育て支援センター

※利用日前日の正午までに連絡してください。

  • 電話:0164-23-3455
  • ファクシミリ:0164-23-3413

市民福祉部 社会福祉課 子育て支援推進室 子育て支援係