スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 経済・地域振興部 商工労政課
  4. 消費生活
  5. 深川地域消費者被害防止ネットワーク情報

深川地域消費者被害防止ネットワーク情報

深川地域消費者被害防止ネットワークより、詐欺や悪質商法などの地域の消費者被害の発生に関する情報の提供がありましたのでお知らせいたします。

No.22(H29.10.11)受け子が深川市内に潜伏中!!

 10月10日、深川市内に居住の70歳代女性の自宅に「車上ねらいにあって、携帯電話と会社の書類が盗まれた。上司にも怒られこれからどうしたらいいのだろう」との不審電話がありました。
 さらに同日、別の高齢女性宅に「お金を貸して欲しい」との電話があり、本日、実際に受け子が来訪しています。
 受け子は現在も深川市内に潜伏している可能性があり、さらに被害が発生する可能性がありますので、不審な電話には十分注意し、不審者を目撃した際はすぐに警察に通報してください。

☆詐欺犯は、親族をよそおって至急に金品を用意させようとします。お金用意する前に、必ず元から知っている電話番号に電話をして事実かどうかをしっかり確認してください。
☆訪問者に応対する際には、不用意に玄関のドアを開けず、出来る限り相手を確認してから応対しましょう。

No.21(H29.9.22)このハガキは詐欺です!

ハガキ
9月に入り、深川警察署管内の一般住宅に「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題するハガキが連続して投函されています。
差出人は「法務省法務局 民事訴訟管理センター」となっていますが、そのような機関はありません。架空の機関名です。
このようなハガキが届いた場合は、完全に無視してください。

No.20(H29.8.2)還付金詐欺多発中!

8月1日 深川市内の70代女性宅に市役所年金課職員を名乗る男から電話がありました。
「○年×月△日生まれ、○○□□さんですか。2月に医療年金の還付金の申請書を送付したが、見ているか。本来は6月末が期限だがまだ間に合う。今すぐ手続きしないと還付金がもらえなくなる」と急かし、
その後、金融機関職員を名乗る男から電話で、
「手続きについては、電話で教えるので指示に従ってATMを操作してください」などと言い、
犯人の指定口座へと現金を振り込ませようとしました。
 今回は現金を振り込む前に、家族に相談し市役所に確認をとったので被害はありませんでした。
旭川市内でも、同様の詐欺の予兆電話が複数報告されており、詐欺の被害が出ています。

★ 入金にあたり役所や金融機関が、ATM操作を携帯電話で指示することはありません。
★ 急かされても一度電話を切り、周囲に相談してから折り返し電話するなどして、個人情報を知られないよう注意しましょう。

No.19(H29.6.7)深川市内で市役所職員をかたる還付金詐欺未遂発生!

6月5日 深川市内の60代女性宅に、市役所 健康福祉課職員を名乗る不審電話がありました。
その内容は
「国民健康保険料の還付金について案内の文書を送付しているが、届いているか。」
「4月末までに手続きをしてもらうべきだったが、今ならまだ間に合う。市内に取引のある金融機関はあるか。」
などと言い、口座番号等の個人情報を聞き出しそうとしたり、ATMから犯人の指定口座へと現金を振り込ませる目的と思われるものでした。

★ この方は、途中で不審な電話と気づき、取り合わなかったため、被害はありませんでした。
★ 実在の課名を名乗るなど、手口が巧妙化してきています!
★ 怪しい電話があった場合、警察か深川地域消費者被害防止ネットワーク(0164-26-2264)までご連絡を!

No.18(H29.5.18)特殊詐欺被害警報発令中!

≪深川警察署からの情報提供です≫

発令期間 5/12(金)~5/25(木)
発令区域 北海道全域

≪発令内容≫ 親族をかたるオレオレ詐欺
5月9日から5月11日までの間、札幌市とその近辺、函館市において、オレオレ詐欺事件を5件認知し、現時点で約650万円の被害が生じています。
今後、道内の主要都市などにおいて、継続して複数の被害が発生するおそれがあります!

≪ 主 な 手 口 ≫
息子や孫などの親族を装い
「風邪を引いた」「明日家に行く」
「電車でカバンを盗まれた」「友達と株をして失敗した」
「取引先との契約にお金が必要だ」
「上司の家族の者がお金を取りに行く」
「弁護士がお金を取りに行く」
などと言って現金を用意させ、地下鉄や鉄道の駅などを交付場所に指定してだましとるものです。

詐欺犯は、親族をかたり、事件の被害者又は加害者になったようによそおって動揺させ、至急に金品を用意させようとします。お金を用意する前に、必ず元から知っている電話番号に電話をして事実かどうかをしっかり確認してください。

No.17(H29.4.12)深川市内でも市役所職員等をかたる不審電話!

4月10日 深川市内の70代女性宅に市役所国民健康保険課職員を名乗る男と
金融機関職員を名乗る男からの不審な電話がありました。
「事前に文書を送付しているが、国民健康保険について還付金がある。処理期限が3月末となっているが該当になるようにするので急いで対応して欲しい。払込口座のある金融機関を教えてくれたら、その金融機関から直接必要な書類や対応の指示がある」
などと言い電話を切ったあと、金融機関職員を名乗る者から
「金融機関に設置されているATMが故障しているため、△日〇時頃に〇〇〇にあるATM(無人ATM)で身分証明の処理を行ってください」との電話もありました。
★ 還付金を返す際、市役所の職員や金融機関の職員がATMの操作を指示することはありません!
★ ATMに身分証明書などを発行する機能はありません!
★ 迷ったら、ひとりで判断せず、周りの人や警察に相談しましょう!

No.16(H29.4.10)またもや!旭川市で市役所職員等をかたる不審電話!!

≪深川警察署からの情報提供です≫
 旭川市内で市役所職員をかたる者から「医療費の還付金がある」などの不審電話が相次いでいます。
 4月7日にも、旭川市内の複数の家庭に、市役所職員をかたる者から
「医療費の還付金があります。封筒が届いていませんか。」
「後期高齢者の医療費保険の過払い金がある。還付するので、 振込先口座を教えてほしい。」
「医療費の還付金で○○円が戻る。△△銀行に委託している。」
など、還付金等詐欺の不審電話の相談が寄せられています。

★「深川地域消費者被害防止ネットワーク情報 No.14」(H29.4.7)でお伝えしたものと同様の手口と思われます。
★ 市役所職員をかたることで信用を得ようとしたり、「事前に通知されている」という嘘で動揺を誘います。
★ 還付金を返す際、市役所の職員がATMの操作を指示することはありません!
★「怪しい」と感じたら、周りの人や警察に相談しましょう!

No.15(H29.4.7)架空請求詐欺多発!

≪深川警察署からの情報提供です≫

 旭川東、名寄、羽幌警察署管内で架空請求詐欺が多発しています。
 手口は
○アダルトサイト等の有料サイトの利用料金を請求するもの
○パソコン画面に「ウイルスが感染した」とのメッセージを表示させ、ウイルスサポート料金等を請求するもの
などで、ATM振り込みやクレジット決済により被害にあっています。
そのほか、コンビニエンスストアで電子マネーを購入させる手口も増加しています。

★不安をあおり、慌てて連絡や手続きをしてしまうことを狙った手口です。
★電子マネーの番号を教えてしまうと、あとで詐欺だと気づき、お金を取り戻そうとしても難しいので注意!
★コンビニエンスストアで電子マネーの購入を指示してきた時点で、詐欺である可能性が高いので気をつけましょう!
 

No.14(H29.4.6)旭川市で市役所職員等をかたる不審電話が多発!

≪深川警察署からの情報提供です≫

 4月4日から4月5日にかけて、旭川市内の複数の家庭に、市役所や金融機関の職員をかたる者から
「法律が変わりました。申請書類の入った封筒は届いてますか。」
「医療費が戻ってきます。」
「キャッシュカードを持って○○○(スーパーマーケット)に行ってほしい。」
など、還付金等詐欺の予兆と思われる不審電話が相次いでいます。

★今回の件は、口座情報などを聞き出したり、犯人の指定口座へ現金を振り込ませたりすることを目的としたものと思われますが、市役所や金融機関の職員がATMの操作を指示することはありません!
★迷ったら、ひとりで判断せず、周りの人や警察に相談しましょう!
 

平成28年度 深川地域消費者被害防止ネットワーク情報 バックナンバー(No.1~No.13)

問合わせ先・担当窓口

経済・地域振興部 商工労政課 商工労政係