東京2020パラリンピック採火式(8月12日)

最終更新日:

概要写真
東京2020パラリンピック聖火リレーの種火を採る「採火式」を8月12日に陸上競技場で開催しました。
参加した市内の小中学生や本市出身のパラリンピック出場経験者の高橋正充さんらは、木の棒を板の上で回転させ、摩擦で火種をつくる「まいぎり式」による火おこしに挑戦!
場内のトラックでは合宿を行う団体が練習に汗を流す中、参加者はパラリンピックの成功を願い力を込めて作業を続け、無事に火がおきた際には喜びを分かち合っていました。
ランタンに移した「深川の火」は、13日まで市役所1階ロビーで展示した後、16日に札幌市で開催される集火・出立式の際に、会場と道内各地がオンラインでつながれ「演出」により集約された火は東京に送り出されました。

行事の様子

様子0
様子1
様子2
様子3
様子4

掲載した写真を差し上げます!