北海道深川市

ホーム メニュー

一般不妊治療費助成事業

 深川市では、子供がほしいと願って不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担の軽減を図ることを目的に、治療に要した本人負担額の一部を助成します。

一般不妊治療費助成事業

 【対象となるご夫婦】
(1)ご夫婦(法律上の婚姻)の双方または一方が、深川市の住民であること
(2)公的医療保険に加入していること(社保、国保など)
(3)前年のご夫婦の所得金額の合計が730万円未満であること

対象となる治療
(1)一般不妊治療とは、体外受精及び顕微授精を除く不妊治療で、タイミング法、薬物療法、人工授精などの治療のこと。 (診断のための検査や治療の一環として実施される調剤を含む)

【助成内容
(1)医療保険適用となる治療については、本人負担額の2分の1を、医療保険適用とならない治療については、本人負担額の9割を助成します。
(2)一年度につき1回、10万円を上限の金額として、通算3回まで助成します。診療年度は3月から翌年2月までとし、診療年度分をまとめて3月に申請してください。ただし、治療が終了した場合は随時申請することができます。
(個室料、食事代など治療以外の費用は除きます)
(3)受診等証明書の発行にかかる文書料についても助成します。(領収書の添付が必要です)

申請方法

 深川市一般不妊治療費助成事業申請書に、以下の書類を添えて申請してください。
(1)一般不妊治療医療機関受診等証明書(医療機関に記載してもらう証明書)
(2)医療機関が発行した領収書(院外処方役に係る薬局の領収書を含む)
(3)ご夫婦の住所を確認できる書類(※ご夫婦の一方が市外在住の場合)
(4)健康保険証
(5)ご夫婦の所得を証明する書類(※転入等で市外に確認が必要な場合のみ)

※「一般不妊治療医療機関受診等証明書」の発行を医療機関に求める際には、治療にかかった全ての領収書を医療機関に提示し、相談していただくことをおすすめします。
詳しくは下記問合せ先にご連絡ください。

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 健康福祉課 健康推進係

パソコン版へ

メニュー

ガイド

当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

ピックアップ

カテゴリ

各課のページ

その他