北海道深川市

ホーム メニュー

工事に係る現場代理人の常駐義務の緩和(試行)について(平成25年7月)

平成25年7月1日以降に公告又は見積依頼を行う工事において、次のとおり「深川市建設工事に係る現場代理人の常駐義務の緩和に関する取扱要領(試行)」を制定しますのでお知らせします。

「深川市建設工事に係る現場代理人の常駐義務の緩和に関する取扱要領(試行)」の制定について

要領等はつぎの書類を参照してください。

主な内容

1.実施時期について〔附則〕

平成25年7月1日以降に公告又は見積依頼を行う工事から適用する。

2.兼任を認める要件について〔第3条〕

 現場代理人の工事現場における運営及び取締りに支障がなく、かつ発注者との連絡体制が確保されると認められる場合であって、次に掲げる要件を全て満たす場合には、2件の工事について現場代理人の兼任を認めるものとする。

(1)深川市(水道事業会計及び病院事業会計を含む。)が発注する1件の予定価格が2,000万円未満の工事であること。
(2)同一工種の工事であること。

2 前項の場合において、予定価格が500万円未満の工事のみの場合は、3件まで兼任を認めるものとする。
3 前2項の規定にかかわらず、工事現場が同一区画内又は隣接する区域において行われる工事であって、発注者が関連すると認める組み合わせの工事については、現場代理人の兼任を認めるものとする。

3.兼任の手続きについて〔第4条〕

 現場代理人の兼任を行おうとする受注者は、契約締結後に現場代理人兼任承認申請書(別記様式第1号)に必要事項を記載のうえ、市長に承認申請をしなければならない。
2 市長は、前項の申請について現場代理人の兼任を認めることが適当であると判断した場合は、現場代理人兼任承認通知書(別記様式第2号)により承認通知を行うものとする。

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 企画財政課 財政係

パソコン版へ

メニュー

ガイド

当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

ピックアップ

カテゴリ

各課のページ

その他