北海道深川市

ホーム メニュー

心肺蘇生法とAED(乳児)

※AEDとは自動体外式除細動器のことです。

心肺蘇生法とAED使用の流れ

心肺蘇生法の流れ(1歳未満)
心肺蘇生法とAED使用の手順の紹介です。
  • 心肺蘇生法とAED(乳児)の図

(1)反応(意識)を確認する

声をかけながら反応があるかないかを確かめます。このとき、足の裏を刺激することも有効です。

(2)大声で叫び応援を呼ぶ

反応がなければ、大きな声で助けを求めます。
協力者が来たら、「あなたは119番へ通報してください」「あなたはAEDを持ってきて下さい」と具体的に依頼します。

■ポイント
救助者が一人の場合や、協力者が誰もいない場合には、次の手順に移る前に、まず自分で119番通報とAEDの手配をします

(3)呼吸の確認

 胸や腹部の上がり下がりを見て、普段どおりの呼吸をしているか判断します。

(4)胸骨圧迫

胸骨圧迫位置
 圧迫の位置は、両乳頭を結ぶ線の少し足側を目安とした胸の真ん中です。
胸骨圧迫
  • 胸骨圧迫は指2本で行います。
  • 1分間に100~120回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。
  • 圧迫の強さ(深さ)は、胸の厚さの約3分の1を目安として、十分に沈む程度に、強く、速く、絶え間なく圧迫します。乳児だからといって、こわごわと弱く圧迫しては効果が得られません。

(5)人工呼吸

人工呼吸
  • 準備ができしだい人工呼吸を開始します。基本的には、まず胸骨圧迫を開始した後、気道確保を実施して人工呼吸を2回行いますが、胸骨圧迫よりも早く人工呼吸を行えるのであれば、人工呼吸から心肺蘇生法を行なっても構いません。
  • 乳児の大きさでは、口対口人工呼吸を実施することが難しい場合があります。この場合は、傷病者の口と鼻を同時に自分の口で覆う口対口鼻人工呼吸を行います。

(6)心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)を継続

 胸骨圧迫を30回連続して行なった後に、人工呼吸を2回行う組み合わせを絶え間なく続けます。

(7)~(11)AEDの使用

 乳児にも、AEDを使用できます。
  • AEDに小児用電極パッド(小児用モード)が備わっている場合にはそれを用います(切り替えます)。もし、小児用電極パッド(小児用モード)が備わっていない場合は、成人用電極パッドを使用します。
  • 電極パッドを貼る位置は、電極パッドに表示されている絵に従います。

問合わせ先・担当窓口

深川消防署 指令救急課 救急救助係

パソコン版へ

メニュー

市民向け情報


当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

カテゴリ

各課のページ

その他