北海道深川市

ホーム メニュー

深川地区消防組合消防救急デジタル無線運用開始

 深川地区消防組合では、これまで使用してきたアナログ通信方式の消防救急無線が電波法の改正により平成28年6月1日以降使用できないことから、デジタル化に向けての準備を進めてきました。
 平成25年度には「電波の届く範囲を確認する調査」、「デジタル無線システムの設計」などの事前準備を行い、このたび消防通信業務の中枢となる消防救急デジタル無線設備が完成し運用開始となりました。
 デジタル化により期待される効果としては、個人情報の保護が強化され、無線通信エリアの拡大によって災害時につながらないといった通信障害を防ぐことができるなど、今までにない効果を得られるものと期待しているところです。
 また、深川市内のサイレンについても、中継局を設置する事なく常盤山の基地局設備により吹鳴できることとなりました。
 私たちの暮らしている北空知は、豊かな自然が広がるすばらしいまちです。今後は、この設備を有効に活用しながら防災体制の充実を図り、今まで以上に市民の皆様が、安全で安心して暮らせるまちづくりを目指し、全力で取り組んでまいりますので、一層のご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

関連書類

問合わせ先・担当窓口

深川消防署 指令救急課 指令係

パソコン版へ

メニュー

市民向け情報


当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

カテゴリ

各課のページ

その他