新型コロナウイルス感染症関連情報

最終更新日:

山下市長からのメッセージ

【注意喚起】新型コロナウイルス感染症の拡大が続いています

 首都圏を中心とした新型コロナウイルスの感染症数の急速な増加に伴い、これまで低く抑えられていた重症者数も急激に増加している状況です。
 深川市においても例外ではなく、新型コロナウイルス感染症患者が発生しております。
 ご自身やご家族を守るためにも感染の機会をできるだけ減らすことが必要です。普段会わない人と会う機会が感染リスクを高めます。移動や外出を控え、できるだけ家庭で過ごしていただき、今後も基本的な感染防止対策の徹底をお願いいたします。
 また、新型コロナワクチン予防接種は、感染症の発症や重症化を予防する効果が期待されているところです。市民の皆様におかれましては、引き続き予防接種へのご理解と、接種を検討されている方は、できるだけ早い時期に接種していただくようお願いいたします。


 

新型コロナワクチンの接種について

 ワクチン接種の予約方法や接種券の発送についてなど、詳しくは下記リンクをご覧ください。

緊急事態宣言の期間が延長されました(9月10日更新)

 北海道の新規感染者数は減少傾向にあるものの、依然として高い水準にあり、特に事業所や学校における集団感染事例が相次いで確認されています。また、入院患者数は減少傾向にあるものの、重症者は増加しており、療養者の症状の悪化によっては今後の更なる増加も懸念されます。
 こうした状況を受けて、北海道を対象とした緊急事態宣言は延長されることとなりました。
 
 
市民のみなさまにおかれましては、以下の点にご協力をいただきますようお願いします。

「緊急事態宣言」
対象地域:全道域
特別措置区域:札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、小樽市、旭川市
一般措置区域:特別措置区域以外の市町村
期間:令和3年8月27日(金曜日)から9月30日(木曜日)

(日常生活において)
●感染性が高いとされるデルタ株に全国的にほぼ置き換わったと考えられること等を踏まえ、「三つの密(密閉・密集・密接)」、「感染リスクが高まる「5つの場面※」」等の回避や、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指消毒」、「換気」をはじめとした基本的な感染予防対策を徹底する。
※飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり

(特に外出の際は)
●日中も含めた不要不急の外出や移動を控える。特に20時以降の外出を控える。加えて、特に週末の外出を控える。
※具体的には、医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものを除き、外出を控えてください。なお、必要な外出や移動であっても、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で、混雑している場所や時間を避けて行動してください。
●大規模商業施設など混雑した場所への外出を半減させる。
※例えば、買い物回数を半分にするなどの対応を行ってください。
●重症化リスクの高い方と接する際は、基本的な感染防止策を更に徹底する。
※高齢者、基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方
●特別措置区域との不要不急の往来は控える。
●不要不急の都道府県間の移動は極力控える。
※道外への移動がどうしても避けられない場合は、感染防止対策を徹底するほか、体温チェックや必要に応じてPCR検査を受けるなど、体調確認の徹底をお願いします。
※また、移動先では「三つの密」の回避を含め基本的な感染防止対策を徹底するとともに、特に大人数(5人以上)の会食は控えるようお願いします。

(特に飲食の際は)
●感染防止対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮に応じていない飲食店等の利用を控える。
●飲食店等の利用の際には、飲食店等が実施している感染防止対策に協力する。
●路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を控える。
●飲食は4人以内など少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用する。(「黙食~食事は静かに、会話はマスク~」の実践」)。

【来道を検討している皆様への協力依頼】
●不要不急の帰省や旅行など、北海道への移動については、極力控えるよう求められている。どうしても移動が避けられない場合には、感染防止対策を徹底するとともに、出発前にPCR検査を受けるなど、体調管理を徹底する。
※国では、9月30日まで、羽田、成田、中部、伊丹、関西、福岡の各空港から北海道へ向かう利用者のうち、希望者に対して無料のPCR検査・抗原定量検査を実施。

 詳しい情報は、下記リンク北海道のホームページ「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報」を参照してください。

イベント等の開催制限について

イベント開催の取扱いについて、詳しくは下記リンクをご覧ください。

収容率及び人数上限の緩和を適用する場合の条件

  • イベント主催者と施設管理者の双方において「業種別ガイドライン」により必要な感染防止策をしていること 
  • イベント主催者と施設管理者の双方において感染防止の取組が公表されていること
なお、イベントの開催につきましては、「新北海道スタイル」の実践や「業種別ガイドライン」の遵守が前提となりますので、イベント主催者及び施設管理者におかれては、これらの徹底についてお願いします。
詳細については下記リンクをご参照ください。

空知総合振興局によるお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する感染拡大防止の取組の徹底について、北海道空知総合振興局から以下のとおりお知らせがあります。

空知管内の皆さまへ

  • 3密の回避や人と人との距離の確保など、基本的な感染防止対策を徹底してください。
  • 不要不急の外出や移動を控えてください。 特に20時以降の夜間や、週末の外出は控えてください。
  • 大規模商業施設など混雑した場所への外出を半減させてください。
  • 札幌市など特定措置区域への不要不急の往来は控えてください。
  • 高齢者など重症化しやすい方と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底してください。
  • 不要不急の道外への移動は極力控えてください。
  • 食事は4人以内、短時間で、「黙食~食事は静かに、会話はマスク~」を実践してください。
  • 感染防止対策が徹底されていない飲食店や営業時間短縮に応じていない飲食店等の利用は控えてください。
  • 飲食店等が実施している感染防止対策に協力してください。
  • 路上、公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動は控えてください。

    詳しくは添付の資料をご参照ください。

生活や経営にお困りのかたへの支援策

事業者のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症により影響を受けている事業者のみなさまに対して、国・道・市などが行う各種支援は下記のリンクをご覧ください。

市民のみなさまへ

各種行事の取り扱い

施設・学校の情報

令和3年8月27日以降の市内公共施設の取り扱いについて更新しました。
詳しくは、下記リンクを参照してください。

地方創生臨時交付金を活用した本市の取り組みを紹介します

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として国が創設した「地方創生臨時交付金」について、本市における交付金の活用予定事業等は、下記リンクを参照してください。 

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 健康・子ども課 健康推進係