新型コロナワクチン接種について

最終更新日:

 新型コロナワクチン接種は任意であり、自らの意思で接種いただくものですが、感染症の発症を防ぐことはもちろん、感染した場合でも重症化を防ぐ効果が認められています。自分を守り、まわりの大切な人を守るためにもワクチン接種をご検討いただきますようお願いいたします。

お詫びと訂正(コールセンターの番号について)

令和4年1月13日以降に送付した接種券同封の案内文に記載されているコールセンターの番号に誤りがありました。
以下のように訂正させていただきます。ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
【誤】
 0120-750-990
【正】
 0120-750-999  (下一桁が誤っていました)

3回目の接種について

〇対象者
 ・2回目接種(以下 初回接種)の完了から8か月以上経過した18歳以上のかた
 ・65歳以上の方は、令和4年2月以降、初回接種の完了から7か月経過後、接種が可能
 ※医療従事者や施設の入所者・職員についてはすでに接種が始まっています。
〇接種開始日
 令和4年2月上旬に65歳以上のかたから接種を開始します。
〇使用するワクチン
 当面、国からファイザー社製ワクチンが供給されないため、武田/モデルナ社製ワクチンを希望されるかたから接種を実施します。
 ※ファイザー社製ワクチンの供給は未定です。国から示されしだい、すぐにお知らせします。
〇予約方法
 3回目の接種では、あらかじめ、接種日時を指定する予定でしたが、国からワクチンの供給について詳細が示されていないため、電話かインターネットでの予約に変更させていただきます。医療機関ではなく、下記の方法でお申し込みください。
感染予防のため電話またはインターネットでのご予約をお勧めします。
 ・コールセンター 0120-750-999 
  ※受付時間:午前9時~午後6時  通話無料 
 ・インターネット(下記記URLよりアクセス)※受付時間:24時間 年中無休
 ・深川市健康・子ども課健康推進係
  (1)電話 0164-26-2609
  (2)窓口 健康福祉センター「デ・アイ」ホール
  ※受付時間:月~金曜日 午前9時00分~午後5時15分
   (時間外の電話・来庁はお控えください。)
〇接種券の発送
 接種可能となる日の前月に、2回目を接種した順に接種券の送付を予定しています。
〇接種会場
 接種は個別接種と集団接種を予定しています。
 詳しくは「3回目 新型コロナワクチン接種のご案内」をご覧ください。

1、2回目の接種について

〇予約方法について
1回目、2回目接種のご予約は、健康・子ども課までご相談ください。
受付窓口:健康・子ども課 健康推進係(電話0164-26-2609) 
受付時間:平日の8時45分から17時15分まで
 

接種時にお持ちいただく物

接種時には、以下の物が必要となります。

□接種券
□予診票(事前に記入をお願いします)
□本人確認書類(運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど本人が確認できるもの)
□お薬手帳

お願い

○基礎疾患や持病のあるかたは、事前に主治医に接種について相談してください。
○接種会場での密を避けるため予約時間は厳守でお願いします。
○接種時には肩を出しやすい服装でお越しください。
○接種後は、高熱や肩の痛みなどの副反応が出る可能性がありますが、一般的には1~2日で治ります。
 3日以上経過しても熱が下がらない場合にはかかりつけ医等に相談してください。
○インフルエンザワクチンなど他のワクチンを接種する場合は、2週間の間隔を空ける必要があります。
 詳しくはかかりつけ医等にご相談ください。

新型コロナワクチン接種券の発行申請について

以下に該当される方は、接種券の発行申請をお願いいたします。

・深川市以外の自治体で2回接種した後、深川市内に転居した場合
・市内で2回接種を終えているがVRSの登録誤り等により接種記録が確認できない場合
・接種券を紛失、滅失、破損等した場合
・接種対象者であるにも関わらず接種券が届かない場合
・接種当日予診のみで終了し、追加接種用の接種券等を使用した場合
・海外で2回接種した場合※

※ファイザー社、武田/モデルナ社又はアストラゼネカ社の新型コロナワクチンを接種している場合に限る。

住所地外での接種について

原則、住民票所在地の市区町村において接種を行うこととしています。ただし、やむを得ない事情で住民票所在地で接種を受けることが難しい場合、深川市で接種を受けることができます。住所地外接種届書(下記添付書類)と、住民登録地で発行された接種券のコピーを健康推進係(健康福祉センター「デ・アイ」窓口)まで提出してください。
※来所が困難な場合は健康・子ども課健康推進係(電話0164-26-2609)までご相談ください。

ワクチンパスポートについて

海外渡航を予定しているかたにワクチンパスポートを発行します。
希望されるかたは郵送または窓口で申請してください。

詳しくはワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)についてのページをご覧ください

副反応について

 新型コロナワクチンは、接種後に軽度から中程度の注射部位の痛み・腫れ、疲労、頭痛、筋肉痛、寒気、関節痛、下痢及び発熱等が報告されています。ほとんどが数日のうちに収まるようですが,まれに症状が続く場合があります。
 また、国内では数は少ないですが、急性アレルギー反応であるアナフィラキシーが発生したことが報告されています。日本では、アナフィラキシー等に対応するために、新型コロナウイルスワクチン接種後は15~30分程度、接種会場や医療機関に留まっていただき、万が一、アナフィラキシーが起きたときには,その場ですぐに対応できる体制をとっています。
 接種後の副反応に関するご相談は、健康・子ども課健康推進係(電話0164-26-2609)までお問い合わせください。

予防接種による健康被害の救済制度

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。詳しくは下記リンクをご覧ください。

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 健康・子ども課 健康推進係