低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の子育て世帯分)

最終更新日:

◎新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行おうと子育て世帯生活支援特別給付金を支給いたします。(ひとり親世帯分の給付金を受け取った方を除きます。)

■給付金の支給対象となる方

次の、①、②の両方に当てはまる方(ひとり親世帯分の給付金を受け取った方を除く)
 ①対象児童を養育する父母等 ※対象児童~平成15年4月2日から令和4年2月28日生まれの児童(特別児童扶養手当の支給対象である障がい児の場合は、平成13年4月2日生まれから)
  ②令和3年度住民税(均等割)が非課税の方、または、令和3年1月1日以降の収入が新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変し、住民税非課税相当の収入となった方
※住民税の申告が済んでいない方、収入がなかったために申告をしていない方は早めに申告をお願いします。
※住民税の申告がない場合、未申告の扱いとなり、この給付金を速やかに給付できない可能性があります。

■給付金の支給額

児童一人当たり5万円

■給付金の支給手続き

(1)児童手当または特別児童扶養手当の受給者で住民税非課税の方(公務員以外)~申請は不要です。
 ※申請不要の支給対象者の方に対し、事前に案内通知を送付します。
 ※給付金は、児童手当・特別児童扶養手当と同じ口座に振り込みます。
 ※給付金の支給を拒否される方は、事前に送付する案内通知に記載された期日までに「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の低所得の子育て世帯分)受給拒否の届出書」をご提出ください。 
(2)(1)以外の方~申請が必要です。
イ,高校生のみ養育している方で住民税非課税の方
ロ,公務員で住民税非課税の方
ハ,令和3年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が住民税非課税相当まで急変した方(家計急変者) (高校生の児童のみを養育している方へ)高校生の児童のみを養育している方または、公務員の方は申請書(請求書)に必要事項を記載のうえ、必要書類を添付してご提出ください。申請内容を審査後、8月以降に指定の口座へ給付金を振り込む予定です。

■申請書の提出方法

健康・子ども課子ども家庭係の窓口へ直接持参

■申請期限

令和4年2月28日(月曜日)

■申請必要書類

【共通して必要な書類】
・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の低所得の子育て世帯分)申請書(請求書)
・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)
・受取口座を確認できる書類(通帳、キャッシュカード等)
・その他、必要に応じて対象児童との関係性を確認できる書類
【家計急変者の必要書類】
・簡易な収入(所得)見込額の申立書
※申請者及び配偶者等の両方が必要・申立書記入の収入額がわかる書類(給与明細書、年金振込通知書等) (簡易な収入見込額の申立書)(簡易な所得見込額の申立書)

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 健康・子ども課 子ども家庭係