国や北海道が実施する対策・措置などの最新情報(1月12日更新)

最終更新日:

国や北海道のホームページはこちら

空知総合振興局によるお知らせ~空知管内の皆さまへ~(1月12日更新)

新型コロナウイルス感染症に関する感染拡大防止の取組の徹底について、北海道空知総合振興局から以下のとおりお知らせがあります。詳しくは添付の資料をご参照ください。

日常生活での注意点

  • 「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」「手洗いなどの手指消毒」をはじめとした基本的な感染防止行動を実践しましょう。
  • 気温の下がる冬は窓を閉め切りがちになりますが、密閉された空間は感染リスクが高まることから、換気を徹底してください。

体調の変化や感染に不安を感じたときは

  • いつもと体調が違うと感じた場合には、外出や移動を控え、かかりつけ医などの医療機関を受診しましょう。
  • 道では、感染の不安がある方などを対象に、無料でPCR等検査を実施しています。無症状のかたであっても受けることができますので、不安を感じるかたは検査を受けましょう。

外出のときは

  • 混雑した場所を避け、特に普段会わないかたと会う際は、感染防止を徹底しましょう。
  • まん延防止等重点措置区域への不要不急の移動は、極力控えましょう。

飲食の際は「短時間・深酒せず・大声出さず・会話はマスク」

  • 北海道飲食店感染防止対策認証店など、感染防止を徹底している飲食店を選び、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用するなど、感染リスクを回避しましょう。特に大人数の飲食の際は、より一層注意しましょう。

イベント等の開催制限について

収容率及び人数上限の緩和を適用する場合の条件

  • イベント主催者と施設管理者の双方において「業種別ガイドライン」により必要な感染防止策をしていること 
  • イベント主催者と施設管理者の双方において感染防止の取組が公表されていること
なお、イベントの開催につきましては、「新北海道スタイル」の実践や「業種別ガイドライン」の遵守が前提となりますので、イベント主催者及び施設管理者におかれては、これらの徹底についてお願いします。
詳細については下記リンクをご参照ください。

孤独・孤立対策ホームページの新設について

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響等により孤独・孤立に悩んでいるかたの増加が懸念される中、内閣官房では、令和3年2月より、孤独・孤立対策担当大臣が司令塔となり、孤独・孤立対策に取り組んでいます。その一環として、一般のかた向けのホームページを新設しました。
 下記のホームページでは、孤独・孤立で悩みを抱えているかたが各種支援制度や相談先を探しやすくなるよう、自動応答により案内するシステムを搭載しています。また、悩みを抱えているかたが支援を求める声を上げやすいよう、よくある質問とそれへの回答、専門家からの悩みを抱えているかた向けの情報、孤独・孤立対策担当大臣からのメッセージを掲載しています。

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 健康・子ども課 健康推進係