防災重点ため池について

最終更新日:

防災重点ため池とは、決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれのあるため池のことで、下記の基準に当てはまるため池です。深川市では、1箇所が認定されています。この度、北海道より防災重点ため池の位置を記載した「ため池マップ」の提供を受けましたので、緊急時等の迅速な状況把握や避難行動の参考にしてください。

選定基準

  1. ため池から100m未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があるもの
  2. ため池から100m以上500m未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量1000立方メートル以上のもの
  3. ため池から500m以上の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量5000立方メートル以上のもの
  4. 上記以外で、ため池の規模、構造、地形条件、家屋、公共施設等の位置関係、維持管理の状況、上流域の地域指定の状況、崩壊地の土質及び地形等から、都道府県又は市町村が特に必要と認めるもの

ため池マップ

問合わせ先・担当窓口

経済・地域振興部 農政課 耕地林務係