スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 市民福祉部 社会福祉課
  4. 福祉庶務係からのお知らせ
  5. 灯油等光熱費を助成します(新型コロナ対策事業)

灯油等光熱費を助成します(新型コロナ対策事業)

新型コロナウイルス感染症予防のために必要な室内換気対策などによって生じる灯油等光熱費の負担軽減のため、対象世帯に対して5千円を助成しますので、申請してください。
事業名:感染予防冬季換気対策支援事業

対象世帯

令和2年12月1日現在、市内に居住し、深川市の住民基本台帳に登録されている方で、令和2年度の市民税が非課税の世帯で、次の1から5のいずれかに該当する世帯
ただし、福祉施設等入所者及び長期入院者は世帯構成員から除きます。また、親などに扶養されている学生のみで構成されている世帯は該当になりません。    
なお、市民税の課税状況の確認について電話でお答えすることはできませんので、税務課窓口でご確認ください。

1.高齢者世帯

・70歳以上の単身世帯
・65歳以上の方で世帯構成され、そのうち75歳以上の方が1人以上いる世帯
※令和3年3月31日までに上記年齢に達する方も該当します。

2.障がい者世帯

・身体障害者手帳1級または2級の交付を受けている方が世帯主または世帯構成員の世帯
・療育手帳の交付を受け、区分がAの方が世帯主または世帯構成員の世帯
・精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方が世帯主または世帯構成員の世帯

3.ひとり親世帯等

・配偶者のいない方が18歳未満の児童を扶養している世帯
・両親が死亡または行方不明等の理由にある18歳未満の児童を親に代わり1人で扶養している世帯
※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに18歳に達する児童を扶養し同居している場合も該当します。

4.生活保護世帯

・生活保護法の適用を受ける被保護世帯

5.低所得世帯

・令和元年中の世帯の総収入額が、生活保護基準額の1.3倍以下の世帯
対象世帯となる基準額の目安
対象世帯の参考例
世帯類型 世帯構成など
夫婦と子ども2人の世帯 夫35歳、妻30歳、子9歳、子4歳
世帯の年間総収入:2,945,860円以下
夫婦と子ども1人の世帯 夫33歳、妻29歳、子4歳
世帯の年間総収入:2,392,481円以下
高齢者2人の世帯 夫72歳、妻67歳
世帯の年間総収入:1,815,034円以下
高齢者1人の世帯 世帯主68歳
世帯の年間総収入:1,179,399円以下
・上記はあくまでも参考です。
・家賃や社会保険料などを支払っている場合は、その金額を控除して可否を決定します。
・年金や手当、恩給(税金が掛からない遺族年金・障害年金・労災年金・老齢福祉年金・寡婦年金・遺族恩給なども含みます)も年間収入に含めて可否を決定します。
・令和2年1月2日以降に転入した方は、前住所地で発行される非課税証明書が必要となります。

助成金額

1世帯5,000円

助成金の受取方法

申請書に記入した振り込みを希望する金融機関の口座へ入金します。

申請方法

原則、郵送のみ
※新型コロナウイルス感染症予防のため、郵送での提出をお願いします。

・郵便料金の負担のない申請用の封筒を広報ふかがわ1月号に折込みしていますので、ご使用ください。
・窓口に来られる場合には、必ずマスクを着用し、庁舎入口で手指を消毒のうえ、窓口へお越しください。

提出書類

申請に必要な書類は、次の2点です
※暗証番号は必要ありませんでの詐欺被害などにご注意ください。
1.申請書
2.振込先口座情報がわかる通帳またはキャッシュカードの写し

申請期限

令和3年2月15日(月曜日)まで
当日消印有効

提出先

深川市2条17番17号 深川市役所
社会福祉課福祉庶務係(本庁舎1階7番窓口)
(納内支所・多度志支所でも窓口対応いたします)

案内チラシ

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 社会福祉課 福祉庶務係