お問い合わせ先

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 総合案内
  3. 病院の沿革

病院の沿革

病院の歩み

  • 深川町外8個ヶ村組合病院
    昭和9年12月1日

    深川町外8個ヶ村組合病院(一部事務組合設立同年5月)として設立 内科小児科・外科・耳鼻咽喉科・産婦人科・眼科 病床数88床

  • 深川市立総合病院
    昭和38年5月1日

    深川市立総合病院となる (深川町・一已村・納内村・音江村合併により深川市発足) 基準給食実施 251床(食 282号)

  • 深川市立総合病院
    昭和44年11月

    全面改築による新院舎完成 鉄筋コンクリート造(地上5階、地下1階、塔屋3階)病床数251床

  • 深川市立病院
    平成17年6月1日

    深川市立病院に改称、開院 鉄骨鉄筋コンクリート造 (地下1階、地上6階、塔屋1階) 病床数 一般病床301床 感染症病床4床 計305床 ※平成27年4月より(一般病床199床 感染症病床4床 計203床)に減床

年表
年月日 出来事
昭和9年12月1日 深川町外8個ヶ村組合病院の写真 深川町外8個ヶ村組合病院(一部事務組合設立同年5月)として設立
内科小児科・外科・耳鼻咽喉科・産婦人科・眼科 病床数88床
昭和10年2月 院舎増改築 病床数126床(うち伝染病18床)
昭和10年12月 深川町外10ヶ村組合病院に改称 (沼田・北竜村加入)
昭和19年3月 伝染病棟移転し跡地に増築
昭和25年5月 北空知組合病院に改称
昭和27年1月 小児科を開設
昭和27年8月 院舎増改築 病床数155床(うち伝染病20床)
昭和29年3月 皮膚泌尿器科を開設
昭和31年10月 深川町外3ヶ町村(妹背牛町・一已村・音江村伝染病隔離病舎組合設立に伴い伝染病棟を廃止)
昭和33年3月 一部事務組合運営から深川町へ移管
昭和33年4月 深川町立病院として運営される
昭和33年6月 整形外科開設
昭和36年4月 伝染病隔離病舎組合に秩父別・納内村が加入(6カ町村)
昭和38年4月1日 総合病院標榜承認(38医第1077号指令)
(内科・外科・整形外科・小児科・産婦人科・眼科・耳鼻科・皮膚泌尿器科)
病床数251床
昭和38年5月1日 深川市立総合病院となる
(深川町・一已村・納内村・音江村合併により深川市発足)
基準給食実施 251床(食 282号)
昭和38年10月1日 基準寝具実施 251床(寝 第62号)
昭和39年6月16日 救急病院指定告示(北海道告示第1442号)
昭和44年11月 全面改築による新院舎完成
鉄筋コンクリート造(地上5階、地下1階、塔屋3階)病床数251床
昭和46年1月 新伝染病隔離病舎竣工(深川市外2町)
昭和49年4月 地域センター病院指定
昭和50年5月 リハビリテーション病棟完成(50床)病床数301床
昭和50年11月1日 基準給食・基準寝具変更 301床
昭和51年8月 病床変更 一般病床281床・結核病床20床 計301床
昭和51年9月 基準看護 一般病床特1類281床
昭和52年7月1日 基準看護(看第291号) 一般病床特2類301床
昭和56年10月 病床変更 一般病床301床・結核病床0床 計301床
昭和59年3月23日 理学療法室を増築
昭和63年7月1日 肛門科を開設
昭和63年10月31日 深川市外2町伝染病隔離病舎組合を解散
昭和63年11月10日 人工透析棟を増築
昭和63年12月1日 人工透析医療開始
平成5年3月1日 基準看護一般病床特3類(第2病棟・第3病棟=計103床)承認
平成6年3月10日 患者輸送車(救急兼用)更新取得
平成6年10月1日 新看護等基準(2.5対1)の届出
平成6年12月1日 看護補助(13対1)の届出
平成8年4月1日 新看護基準 2.5対1看護 看護(A)加算 10対1看護補助
平成9年12月25日 災害拠点病院の指定
平成10年8月1日 脳神経外科を開設
平成12年4月1日 作業療法・言語療法開始
平成13年4月1日 改築準備室を設置
平成13年9月1日 全科院外処方化
平成14年4月1日 改築推進室に改称
平成14年12月4日 新病院建築工事着手
平成15年3月24日 全面改築による新院舎完成
平成17年6月1日 深川市立病院に改称、開院 鉄骨鉄筋コンクリート造
(地下1階、地上6階、塔屋1階)
病床数 一般病床301床 感染症病床4床 計305床
循環器科、呼吸器科、消化器科を設置、17科とする
平成17年6月1日 第二種感染症指定医療機関の指定
平成17年10月 北海道福祉のまちづくりコンクール「ハード部門」 最優秀賞受賞
平成18年3月 改築推進室を廃止
平成18年9月 5階東病棟休床
平成19年4月 地域医療連携室を設置
平成20年7月 5階東病棟を再開
病床数 305床を270床に減床(一般病床266床 感染症病床4床 計270床)
4階西病棟を用途変更し、健診センターとして運用開始
平成22年4月 5階東病棟休床
平成22年9月 一般病棟入院基本料(区分7対1)の届出
平成25年7月1日 医療相談サロン・がん相談室を開設
平成26年4月 一般病棟入院基本料(区分10対1)の届出
平成27年4月1日 5階東病棟を再開、3階西病棟を休床
病床数 270床を203床に減床(一般病床199床 感染症病床4床 計203床)
平成27年7月 地域医療連携室で「メディカルショートステイ」を開始
平成27年10月 訪問看護ステーション「みのり」を開設