スマートフォン版へ

北海道深川市


情報公開制度

市が保有する情報は、市民のみなさんと市との共有財産。そこで、みなさんの「知る権利」を保障したのが情報公開制度です。
市にある「知りたい」と思う情報をいつでも公開請求することができ、市も積極的に情報提供に努めます。

対象者

どなたでも請求できます

負担額

手数料は無料ですが、コピーや郵送料は実費負担となります。

手続・申請

公文書公開請求書に必要事項を記入して申請します。
市では申請に基づき、受付をした翌日から14日以内に情報を公開する、公開できないという回答をします。
公開できる情報については、閲覧やコピーすることができます。
また、請求に対する市の処分に納得できなければ(公開できないと回答されたときや公開された内容に不満があるときなど)審査請求をすることができます。審査請求があったときには、「情報公開・個人情報保護審査会」が内容を審査し、市は審査会の意見に基づいて請求に応じるか再び検討します。
なお、市役所2階に公文書目録を備え置いてあります。

手続きに必要なもの

請求書
注意:自署でない場合は押印してください。

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 総務課 人事文書係