北海道深川市

ホーム メニュー

農業者年金制度について

農業者の老後の生活安定と福祉の向上に加え、保険料助成を通じて担い手を確保するという目的をあわせ持つ公的年金で、農業に年間60日以上従事する60歳未満のかたで、国民年金第1号被保険者であれば加入できます。
農業者年金は、平成14年1月1日より大きく制度が変わりました。
旧制度は、加入者が受給者を支える賦課方式による年金給付を行い、加入対象者も経営主が中心でした。農家戸数の減少等から加入者数に対する受給者数の割合が高まり、受給者等にかかる年金給付について適正化措置が講じられ、今後年金給付にかかる費用は国庫で負担することになっています。新制度は積立方式になりましたので、旧制度の加入者、受給者のバランスに影響されることなく、自分が納付した保険料と運用益をあわせた額が将来年金として安心して受給できる方式をとっています。

手続・申請

農業者年金の加入については「農業者年金の加入」を覧ください。

手続きに必要なもの

不明な点がありましたら下記担当窓口にお問合せください。

問合わせ先・担当窓口

農業委員会事務局 農地振興係

パソコン版へ

メニュー

ガイド

当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

ピックアップ

カテゴリ

各課のページ

その他