新型コロナウイルス感染症関連情報

最終更新日:

コロナ・インフル同時流行への対策をお願いします

  今冬は新型コロナウイルス感染症が今夏以上に拡大し、季節性インフルエンザと同時流行する可能性があります。
 同時流行に備え、ワクチン接種や体調不良時に必要な物の備蓄、相談先の確認をお願いします。
ワクチン接種、新型コロナ抗原定性検査キット、解熱鎮痛薬の準備を
 

感染者への支援のながれが変わりました

感染拡大防止に向けたみなさまへのお願い

 道内の新規感染者数は増加傾向が続き、病床使用率も高い水準で推移しております。医療への負荷を低減させるため、感染レベルをできる限り引き下げていく必要があります。
 市民の皆様におかれましても、基本的な感染防止行動の徹底と感染への備えをお願いするとともに、発症・重症化予防のため、ワクチン接種を積極的に御検討ください。
感染拡大防止へのご協力をお願いします
ゼロ密をめざそう

日常生活

・三密回避、人との距離確保、マスク着用、手指消毒、換気を徹底
・高齢者や基礎疾患のあるかた、そうしたかたがたと会うかたの双方が基本的な感染防止行動を徹底
・混雑している場所や感染リスクの高い場所はできる限り避けて行動。特に重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のあるかた、そうしたかたがたと会うかたの双方が慎重に行動
・他の都府県への移動に際しては、基本的な対策を徹底し、移動先での感染リスクの高い行動を控える
・感染した場合に備え、解熱剤や少なくとも3日間程度の食料等を用意
・ 救急外来及び救急車の利用は、必要な場合に限る

飲食

・短時間、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用
・特に大人数や普段会わないかたとの飲食の際は、より一層徹底
・北海道飲食店感染防止対策認証店等を利用し、飲食店等の感染防止対策に協力

検査等

・感染に不安を感じる時は、ワクチン接種の有無にかかわらず、検査を受ける。
・重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のあるかたに会う際には、事前に検査を受け、陰性を確認
・発熱等の症状がある場合は、外出や移動を控え、医療機関を受診(北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターや北海道陽性者登録センター(症状が軽い方)の活用をご検討ください)
 

適切なマスク着用

・屋内で会話する際はマスクを着用しましょう。
・屋外で熱中症のリスクが高まる場面では原則、マスクをはずしましょう。(近い距離で会話をするような場面を除きます。)
マスク着用の考え方

山下市長からのメッセージ(8月2日更新)

市内発生状況

【重要】国や北海道が実施する対策・措置などの最新情報

市民のみなさまに気を付けていただきたいこと

抗原検査キットの配布

新型コロナウイルス感染症の早期発見や感染拡大防止を図るため、抗原検査キットを配付します。

新型コロナワクチンの接種

重症化予防のために接種をご検討ください。

生活や経営にお困りのかたへの支援策

各種行事・施設の取り扱い

その他新型コロナウイルス感染症に関する情報

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 健康・子ども課 健康推進係