スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 企画総務部 企画財政課
  4. 深川市の決算
  5. 財政状況(平成30年度決算)

財政状況(平成30年度決算)

注意:ご不明な点は下記担当窓口にお問い合わせください。

決算の概要

令和元年第3回市議会定例会において、一般会計、特別会計及び企業会計の平成30年度決算が認定されました。
詳細については、広報ふかがわ11月号に掲載しますが、決算の概要をお知らせします。

一般会計

一般会計については、黒字決算となりました。
深川市の一般会計の決算は、
  • 歳入:172億7,868万円
  • 歳出:171億6,319万円
差し引き、1億1,549万円となりました。
翌年度へ繰り越すべき財源4,824万円を除く実質収支額は、6,725万円となりました。
    • 歳入歳出決算の棒グラフの画像

特別会計

介護保険特別会計ほか4特別会計は、いずれも黒字決算となりました。
表:各会計決算状況
項目 最終予算額 歳入 歳出 差引残高 単年度収支
一般会計 178億2,788万円 172億7,868万円 171億6,319万円 1億1,549万円 △1億7,063万円
特別会計
小計
71億2,275万円 70億7,412万円 68億7,434万円 1億9,978万円 3,584万円
特別会計
介護保険
25億3,590万円 25億3,863万円 23億9,906万円 1億3,957万円 2,162万円
特別会計
国民健康保険
31億4,400万円 30億8,632万円 30億6,978万円 1,654万円 1,304万円
特別会計
後期高齢者医療
3億8,432万円 3億8,085万円 3億8,033万円 52万円 26万円
特別会計
農業集落排水
3億4,323万円 3億4,858万円 3億3,844万円 1,014万円 8万円
特別会計
下水道
7億1,530万円 7億1,974万円 6億8,673万円 3,301万円 84万円
合計 249億5,063万円 243億5,280万円 240億3,753万円 3億1,527万円 △1億3,479万円

企業会計

水道事業は、高料金対策補助金の基準となる資本費の改正等により一般会計補助金が減少したこと等から、当年度純損失は1,138万円となりました。
病院事業は、IQ(医療の質の向上)委員会による収益改善を進めるとともに深川市立病院新改革プランの着実な実行に努め、一般会計からは資金不足を解消する経営改革特別支援事業による出資金を受けることなどにより、累積不良債務は2億8,692万円解消しました。

財政指標の概要

自治体の財政の状況を表す健全化判断比率(地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく指標)は以下のとおりです。
「連結実質赤字比率」は前年度に引き続き生じず、「実質公債費比率」及び「将来負担比率」は前年度より増加となりました。

健全化判断比率

表:健全化判断比率
比率の名称 平成28年度の深川市の比率 平成29年度の深川市の比率  平成30年度の深川市の比率 早期健全化基準   財政再生基準
実質赤字比率 赤字なし 赤字なし 赤字なし  13.46% 20%
連結実質赤字 比率 赤字なし 赤字なし 赤字なし  18.46% 30%
実質公債費比率 14.5% 14.6% 14.9%  25% 35%
将来負担比率 130.5% 142.4% 135.6%  350% 基準なし

資金不足比率

表:資金不足比率
会計 平成28年度の深川市の比率 平成29年度の深川市の比率 平成30年度の深川市の比率 経営健全化基準
水道事業会計 不足なし 不足なし 不足なし 20%
病院事業会計 17.6% 14.9% 6.7% 20%
農業集落排水事業特別会計 不足なし 不足なし 不足なし 20%
下水道事業特別会計 不足なし 不足なし 不足なし 20%

基金の残高

一般会計の基金の平成30年度決算では、寄附やふるさと納税等により、9,013万円の基金積み立てを行いました。
また、基金目的の事業の実施のため、3,718万円の基金の処分(取り崩し)を行いました。
これにより、一般会計が保有する各種基金の額は、5,295万円の増額となりました。
    • 基金のグラフの画像

市債の残高

市債の平成30年度末残高は、一般会計で、226億円、特別会計で、53億円、企業会計で、74億円の合計、353億円となっています。
    • 市債のグラフの画像

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 企画財政課 財政係