財政状況(令和2年度決算)

最終更新日:

注意:ご不明な点は下記担当窓口にお問い合わせください。

決算の概要

令和3年第3回市議会定例会において、一般会計、特別会計及び企業会計の令和2年度決算が認定されました。
詳細については、広報ふかがわ11月号に掲載しますが、決算の概要をお知らせします。

一般会計

一般会計については、黒字決算となりました。
深川市の一般会計の決算は、
  • 歳入:189億4,510万円
  • 歳出:186億3,976万円
差し引き、3億534万円となりました。
翌年度へ繰り越すべき財源4,664万円を除く実質収支額は、2億5,870万円となりました。
歳入歳出決算の棒グラフの画像

特別会計

介護保険特別会計ほか4特別会計は、いずれも黒字決算となりました。
表:各会計決算状況
項目 最終予算額 歳入 歳出 差引残高 単年度収支
一般会計 191億1,676万円 189億4,510万円 186億3,976万円 3億534万円 2億34万円
特別会計
小計
68億4,363万円 66億6,802万円 65億6,329万円 1億473万円 △5,152万円
特別会計
介護保険
23億9,435万円 24億3,432万円 23億5,799万円 7,633万円 △1,520万円
特別会計
国民健康保険
30億2,658万円 28億8,579万円 28億7,944万円 635万円 △2,072万円
特別会計
後期高齢者医療
4億610万円 4億358万円 4億310万円 48万円 11万円
特別会計
農業集落排水
1億6,317万円 1億7,055万円 1億6,019万円 1,036万円 11万円
特別会計
下水道
8億5,343万円 7億7,378万円 7億6,257万円 1,121万円 △1,581万円
合計 259億6,039万円 256億1,312万円 252億305万円 4億1,007万円 1億4,882万円

企業会計

水道事業は、配水及び給水施設の老朽化による修繕費などの支出が多い状況で、純損失2,901万円となりました。
病院事業は、IQ(医療の質の向上)委員会による収益改善及び深川市立病院新改革プランの着実な実行に努めるとともに、感染病床確保促進事業を始めとする新型コロナウイルス感染症に関わる国の各種補助金の交付により、純利益2,709万円となった。

基金の残高

一般会計の基金の令和2年度決算では、寄附やふるさと納税等により、2,412万円の基金積み立てを行いました。
また、基金目的の事業の実施のため、1億889万円の基金の処分(取り崩し)を行いました。
これにより、一般会計が保有する各種基金の額は、8,477万円の減額となりました。
基金のグラフの画像

市債の残高

市債の令和2年度末残高は、一般会計で、222億円、特別会計で、46億円、企業会計で、73億円の合計、341億円となっています。
市債のグラフの画像

一般会計各種税等の充当

地方消費税交付金(社会保障財源化分)、都市計画税、入湯税の充当先と充当額についてお知らせします。

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 企画財政課 財政係