スマートフォン版へ

北海道深川市


ふるさと川柳

ふるさと川柳の題字
ふるさと川柳
ふるさと川柳は、市民一人ひとりが川柳によって「ふるさとふかがわ」を思いのままに表現することで、郷土を見つめ直す機会とするとともに、子どもから高齢者まで多くの市民が気軽に楽しく文化活動に参加する機会として、平成10年度より実施しております。
平成29年度の第20回ふるさと川柳では、1,203人、2,002句と多くの応募をいただきました。

平成29年度の特選作品
・小学校低学年の部『楽しい』「うれしいな ゆかたをきたよ ぼんおどり」
・小学校中学年の部『指』「ままのゆび にぎっていると あたたかい」
・小学校高学年の部『靴』「靴の音 がんばる父が 帰宅する」
・中学生の部『知識』「祖父たちの 知恵と知識で 米育つ」
・高校一年生の部『努力』「コンクール ようやく吹けた ソロパート」
・高校二年生の部『意地』「自分から たった一言 謝れず」
・高校三年生の部『未来』「さあ今だ 明日への扉 開く時」
・一般の部『足跡』「祖父戸籍 足跡たどり ルーツ知る」
・一般の部『自由題』「孫の画く 爺(じーじ)の笑顔 ピカソめく」 

募集内容(平成29年度の募集は終了しました)

五・七・五の言葉で、ふるさとふかがわへの思いを自由に表現してください。
  • 課題:
    • 小学低学年…楽しい
    • 小学中学年…指
    • 小学高学年…靴
    • 中学生…知識
    • 高校1年…努力
    • 高校2年…意地
    • 高校3年…未来
    • 一般…足跡
  • 自由題  一般の部のみ
  • 応募方法:小・中学生、高校生は各学校で配付される応募用紙で、一般の方は生きがい文化センター、公民館、コミュニティセンターなどの公共施設に備え付けの用紙で応募してください。FAX・電子メールでも応募いただけます(氏名、性別、年齢、住所、電話番号、作品を記入のこと)。
  • 応募点数:1人2句まで。一般の部のみ課題「足跡」にそった作品、自由題による作品をそれぞれ1句ずつ、またはいずれかを1句までとします。
  • 応募先:生きがい文化センターと中央公民館などに設置されている回収箱に投函するか、文化連盟事務局宛に郵送してください。また下記よりダウンロードした応募用紙でも応募出来ます。
  • 応募期限:平成29年8月25日(金曜日)まで
  • 問合せ先:文化連盟事務局(電話:0164-26-2343)
  • 応募用紙:下記からもダウンロードできます。

問合わせ先・担当窓口

文化連盟事務局

生涯学習スポーツ課内

教育委員会 生涯学習スポーツ課 文化・スポーツ係