スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 教育委員会 学務課
  4. 教育行政方針

教育行政方針

1.はじめに

 令和2年第1回深川市議会定例会の開会にあたり、教育行政の執行に関する主な方針について申し上げます。

 昨年5月に迎えた令和という新たな時代は、全ての子どもたちが持続可能な社会の創り手として、大きな変化を前向きにとらえ予測不可能な未来社会を自立的に生きていくために必要な資質・能力を身に付けていけるよう、多様化する子どもたちに正面から向き合うことが一層重要となります。

 小学校においては、新しい学習指導要領が令和2年4月から全面実施となります。
 新学習指導要領においては、子供たちが新たな時代をたくましく生き抜き、未来社会を切り拓くために必要な「何を理解しているか、何ができるか」に関わる「知識・理解」、「理解していること、できることをどう使うか」に関わる「思考力、判断力、表現力等」、「どのように社会とかかわり、よりよい人生を送るか」に関わる「学びに向かう力、人間性等」、これらの資質・能力を確実に育成することを目指しております。
 また、子供たちに求められる資質・能力について社会と共有し連携する「社会に開かれた教育課程」を実現し、知識の理解の質を更に高め確かな学力の定着を目指し、豊かな心を育てる体験活動を重視した道徳教育の充実に加え、健やかな体を育成するという、知・徳・体のバランスの取れた「生きる力」の育成を基本理念とする教育課程を編成し小学校教育の推進に努めてまいります。

 また、中学校の新しい学習指導要領は、令和3年4月に全面実施になることから、小学校と同様に新しい教育課程の編成作業を組織的・計画的に進めてまいります。

 子どもたちが自らの力で人生を歩み、社会を生き抜く力を育んでいく教育の実現に向けて、「第5次深川市総合計画」「深川市教育大綱」「深川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、新たな時代の教育振興に取り組んでまいります。

 教育行政の課題について申し上げます。

 第一に、深川市学校教育振興計画に基づく取り組みです。

 深川市学校教育振興計画では、4つの基本目標を掲げており、
 (1)確かな学力を育成し、社会での自立に必要な基礎を育む教育の推進
 (2)豊かな心と健やかな体を育成する教育の推進
 (3)家庭や地域に信頼される学校づくりの推進
 (4)安心して学び、安全に過ごすことのできる機能的な教育環境の整備
について、これらを着実に実行してまいります。

 第二に、生涯学習の推進に向けた取り組みです。

 本市は、「生涯学習基本構想」を踏まえ、生涯学習推進の中核を担う社会教育とスポーツ振興に努めてきたところであり本年度も引き続き、生涯学習社会の実現に向け、「社会教育中期計画」及び「スポーツ振興計画」等に基づき、計画的及び効果的な事業に取り組んでまいります。

 開設から3年目を迎えます音江広里交流館「エフパシオ」につきましては、食事を含めたサービスについて、高い評価をいただいており、本年4月に新たにオープンする「トレーニング室」を活用し、深川市内におけるスポーツ・文化合宿や交流人口のさらなる増加を図り、活力あるまちづくりの一助となるよう合宿誘致活動等の取り組みを強化してまいります。

2.主要施策の推進

  教育行政の推進に係る主要施策について申し上げます。

学校教育の充実

 子どもたちを取り巻く環境がめまぐるしく変化するなか、とりわけ急速な技術革新により、膨大な情報が錯綜するこれからの時代では、どれだけ知識を持っているかではなく、知識や情報をどう生かすかが重要となる新しい時代が求める資質や能力の育成が必要となってきます。

 新しい学習指導要領により、小学校3年生及び4年生が「外国語活動」、5年生及び6年生が「外国語科」として、それぞれ年間35時数の増で実施となりますが、本市においては平成30年度の移行期当初から、外国人英語指導助手を1名増員するとともに外国語指導の加配教諭を活用するなどして、35時数増の全面実施に取り組んできておりますので、引き続き、外国語活動と外国語教育の充実を図ってまいります。
 また、進化した人工知能が多様な判断を行うなど、社会や生活が大きく変わることが予測される新しい時代においては、子どもたちの情報活用能力の育成がますます重要となります。小学校においてプログラミング教育を実施することにより、子どもたちの思考力、判断力、表現力を育むとともに、学校のICT(Information and Communication Technology、情報通信技術)環境整備に努めてまいります。

 これからの時代を担う子どもたちの確かな学力を、確実に定着できるよう、「全国学力・学習状況調査」等を活用しながら、学力や学習状況を把握・分析し、学校改善プランに基づく「学習サポートプログラム事業」の更なる充実に努めるなどして、市内全校において学力向上の取組みを一層進めてまいります。

 特別支援教育については、障がいのある子どもと障がいのない子どもが共に学ぶインクルーシブ教育システム(Inclusive Education System、包容する教育制度)の理念を踏まえ、全ての学校において、子ども一人ひとりの教育的ニーズに応じた教育の場を提供し、自立や社会参加に向けた教育を進められるよう指導や支援に努めてまいります。
 また、深川小学校と本年度から新たに深川中学校に開設した通級指導教室により、ことばや発達などに課題を抱える児童・生徒が、自身の持つ能力を十分に発揮できるよう支援を行ってまいります。

 いじめは、ほんの些細な誤解や行き違いに端を発し、嫌なことをしたりされたりするいじめへとエスカレートしていきます。いじめ問題はどの学校においても生じうることを認識し、「深川市いじめ防止対策基本方針」及び各学校が定めた「いじめ防止対策方針」に基づき、未然防止・早期発見に努め、さらに「北空知地域いじめ問題対策専門家会議」と連携して適切な対応に努めてまいります。

 また、「スクールカウンセラー」や「スクールソーシャルワーカー」を配置し、子どもたちや家庭の悩みなどにきめ細かく対応するとともに、適応指導教室「しらかば」に専任指導員を配置し、子どもたちの基本的な学力の定着を図りながら、学校復帰に努めてまいります。なお「スクールソーシャルワーカー」については、より迅速かつ的確に様々な問題に直面する子どもを支援するよう、その体制の整備を図ります。

 読書については、市立図書館と連携して朝読書や家読を推進することで子どもたちの読書習慣の定着を図り、また、学習指導要領を踏まえ、主体的・意欲的な学びを支援できるよう引き続き学校図書の整備に努めてまいります。

 社会を生き抜く力の土台となる「健やかな体」は人間の活動の根源であります。「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果を踏まえ、各学校の実態に即した体力向上や運動に親しむ機会の拡充に努めてまいります。

 また、学校保健においては、子どもたちの健やかな成長はもとより、将来においても健康な人生を送るための望ましい知識・習慣を身につける保健教育の推進に取り組みます。さらに学校給食においては、栄養教諭を中心に各学校と連携して、子どもたちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身につけるよう取り組むとともに、地元農産物の利活用促進についても継続して努めてまいります。

 未来を担う深川の子どもたちを、学校・家庭・地域が緊密な連携を図り、地域全体で育てていくことが大切であります。令和元年度から深川小学校及び北新小学校において先行して導入した「コミュニティ・スクール」について、残り全ての小中学校への導入を進めてまいります。

 また、小学校間や小中学校間での交流や共同学習など、子どもたちの社会性を培い、小学校から中学校への円滑な接続にもつながる、学校間の連携に取り組んでまいります。

 学校教育においては、高度化・複雑化する諸課題へ対応するため、新たな学びを支える専門性と実践力を備えた教職員の育成が必要です。学び続ける情熱と向上心に満ちた教員が求められていることから、教育振興会などを活用し、教職員の研修機会の充実に取り組んでまいります。

 子どもたちの安全・安心の確保につきましては、防災教育や交通安全教育の充実を図るとともに、深川市通学路交通安全プログラムに基づき、関係機関による通学路の点検や交通安全対策を行うとともに、社会全体で子どもの安全を守るため、地域における連携の強化、通学路の合同点検の徹底及び環境の整備・改善等、家庭・地域の協力を得ながら、安全・安心な教育環境づくりを進めてまいります。

 学校整備については、一已小学校の屋内運動場の暖房設備改修を行ってまいります。
 また、一已中学校の生徒用机・椅子を、既に深川中学校に導入済みである天板が広く、高さ調節機能を有する新JIS規格のものにすべて更新します。

 市内公立高等学校は、人口減少と少子化の影響により、入学者数の確保が年々厳しい状況になっておりますが、地域の未来を担う人材を育成する現在の普通科高校と商業・農業系高校の両校は、本市にとってかけがえのない存在であります。今後とも、それぞれの高校の魅力ある取り組みとそのPRなどに支援をするとともに、市内児童・生徒にとって身近な高校に感じられるよう市内公立高校と市内小・中学校との連携事業等を継続して実施してまいります。

社会教育の充実

 市民が生涯のいつでもどこでも、自由に学習の機会を選択して楽しく学ぶことができ、その成果を生かすことができる生涯学習社会の実現が求められています。

 市民の自主的・主体的な学習活動を促進するため、拓殖大学北海道短期大学の協力を得て実施している「市民公開講座」や「公民館講座」などを継続して実施し、生涯学習の環境づくりを推進します。

 また、公民館をはじめとする各社会教育施設においては、市民の学習活動の場として多様な学習活動が展開できるよう、適切な維持管理に努めてまいります。

 次代を担う子どもたちが生きる力を身に付けていくためには、家庭教育の充実とともに、異世代間や地域の人たちと交流する機会が必要です。そのため、学校・家庭・地域が連携した「家庭教育・学社融合推進事業」や、地域住民が各種ボランティア活動により学校を支援する「学校支援地域本部事業」、さらには地域の豊かな社会資源を活用した「土曜日の教育支援体制構築事業」を実施してまいります。

 基本的生活習慣の乱れが、子どもたちの健やかな成長を阻害する要因の一つとされていることから、生活リズム向上のため関係機関と連携を取りながら「早寝早起き朝ごはん運動」や「ノーゲームデー」の取り組みを推進してまいります。

 また、生きがい文化センターに設置している「生き生きスポット」など、放課後等における子どもの安全・安心な居場所づくりの取り組みを引き続き推進してまいります。

 学校や地域の枠を超えた交流や活動の機会が減少している中、子どもたちの自主性や自発性を養うため、リーダー養成事業や子どもたち自らが企画運営する事業を実施するなど、地域社会で活躍できる場や居場所づくりに取り組みます。また、青少年の非行防止と健全育成のため、学校・家庭・地域社会が連携を深め、青少年指導委員による定期的な巡回指導や、相談員による少年相談を行うなど、青少年の健全育成事業に取り組んでまいります。

文化・スポーツの振興

 これまで本市は、心豊かで健やかな人生を送るため、芸術文化活動とスポーツ振興に積極的に取り組んできたところです。

 芸術文化活動については、「み・らい」や「生きがい文化センター」など、活動の拠点となる施設の指定管理者とも連携を深めて推進してまいります。
 特に、国内外で活躍する著名な芸術家を招聘して行う「アウトリーチ事業」は、子どもたちが優れた芸術文化を間近で感じ、芸術文化活動への理解と意欲を高める貴重な機会となることから、引き続き小中学校全てにおいて実施してまいります。

 各種スポーツ事業については、関係機関・団体等と連携を図り、誰もが気軽にスポーツや健康づくりに取り組むための契機となる事業を検討・実施してまいります。

 市民自らが優れた芸術文化事業の招聘や、各種スポーツ大会の運営を行うための支援や、文化・スポーツ分野で全国・全道大会に出場する市民に対する支援も引き続き実施してまいります。

 老朽化の著しい各種施設については、財源確保を図りながら計画的な改修を行うとともに適切な管理に努めてまいります。スポーツ振興くじ助成を受け改修し、本年5月にリニューアルオープンの「深川市民球場」や、3年次計画の2年目の改修を行う「桜山パワーアップロード」などを活用して、市民の健康増進と市外からの流入人口の増を図ってまいります。

3.終わりに

 以上、令和2年度の教育行政の執行に関する主要な方針について申し上げましたが、教育の振興に向けた取り組みを強化し、市民の皆様とともに創意工夫をするなかで、学校教育、社会教育全体の一層の充実に向けて取り組んでまいりますので、議員各位の特段のご指導ご鞭撻と、市民のみなさんのご理解とご協力を心からお願い申し上げまして教育行政方針の説明とさせていただきます。

問合わせ先・担当窓口

教育委員会 学務課

教育委員会 生涯学習スポーツ課