深川西高校・深川東高校の魅力づくりへの支援

最終更新日:

  深川市では、北海道深川西高等学校及び北海道深川東高等学校に在籍する生徒に対し、研修、資格取得などに関する事業を行う団体を支援しています。
 この支援により、市内公立高等学校の魅力づくりと入学生の確保に寄与するとともに、安定的な存続と発展に資することを目的としています。

支援の概要

 毎年、「深川西高校・深川東高校の魅力づくりに向けた検討会」を開催しており、検討会での要望等により、高等学校のPTA等の団体が生徒を対象に実施する次に掲げる事業に助成金を交付しています。 

生徒の研修等に関する事業

将来の目標・意識づけに関する事業に対する支援
(例:現役の大学生と高校在学生が進路について語り合う「カタリ場」事業など)

模擬試験又は資格取得試験の受験助成に関する事業

大学・看護・公務員模擬試験などの受験助成や、簿記・ビジネス文書・情報処理検定などの受検助成、溶接技能講習や食品衛生責任者講習などの資格取得のための受講を支援

学力向上に関する事業

英語力強化ため、入試等で必要な英語力、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を測る「GTEC for STUDENTS」の受験料の補助などの支援

通学交通費助成に関する事業

北海道深川西高等学校及び北海道深川東高等学校に在籍する生徒を対象とし、次の要件により支援

  1. 通学距離が片道6キロメートル以上あり、かつ、公共交通機関を利用して通学する者
  2. 通学に係る負担額の一定の額を超える部分の3分の1を助成。上限は年額5万円
  • 一定の額:鉄道を利用して通学する者は月額3,000円、路線バスを利用して通学する者は月額5,000円
※いずれの助成も、当該高校で申請することになります

算出方法

[各交通機関の通学定期券購入代金(月額)-各交通機関の一定額(月額)]×(3分の1)

その他の事業

上記のほかにも、学校の魅力づくりに関する以下の事業を支援
  1. 学校PRに関する事業 ~ 学校PRのためのパンフレットや資材の作成などを支援
  2. 部活動助成に関する事業(令和元年度追加事業) ~ 遠征費用や用具購入などを支援

公立高等学校の魅力づくり事業交付実績

問合わせ先・担当窓口

教育委員会 学務課 管理係