スマートフォン版へ

北海道深川市


監査委員

監査委員は、主に市の財務に関する事務の執行と経営に係る事業の管理を監査するために設置された独任制の執行機関です。
その定数は人口25万人以上の市は4人、その他の市では2人です。ただし、条例でその定数を増やすことができますが、深川市では2人と定めています。
監査委員は、市長が議会の同意を得て、人格が高潔で財務管理や事業の経営管理などについて優れた識見を有する者と議員から選任され、任期は識見を有する者は4年、議員から選任される者は議員の任期によります。
また、国会議員、市の常勤の職員、検察官、警察官などと兼職することができず、市長などと親子・夫婦・兄弟姉妹の親族関係にある者はなることができません。
監査委員は、特別の場合を除いて、本人の意に反して罷免されることはありませんが、在職中はもちろん退職後も、職務上知り得た秘密を漏らしてはならないという、守秘義務を課せられています。

深川市の監査委員

識見監査委員

  • 名前:金山 泰明(かなやま やすあき)
  • 住所:深川市文光町15番4号
  • 就任年月日:平成28年9月20日就任

議選監査委員

  • 名前:宮澤 孝司(みやざわ たかし)
  • 住所:深川市1条1番5号
  • 就任年月日:令和元年6月20日就任

問合わせ先・担当窓口

監査事務局 監査係