スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 市民福祉部 高齢者支援課
  4. 認知症施策
  5. 認知症初期集中支援チームを設置しました

認知症初期集中支援チームを設置しました

 「認知症」は誰もが発症する可能性のある身近な病気です。認知症になっても、本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた環境の中で、地域の一員として暮らし続けられる地域づくりが求められています。
 市では、認知症になっても安心して暮らしていける地域づくりを目指し、認知症初期集中支援チームを設置しました。

認知症初期集中支援チームの概要

 認知症初期集中チーム員である保健師、社会福祉士が認知症の人や認知症の疑いのある人、その家族のもとに訪問して、困りごとや心配ごとの相談に対応し、早期診断・早期対応に向けた支援を集中的に行います。さらにチーム員である医師がそれをサポートします。

対象者

 40歳以上で在宅で生活しており、認知症や認知症が疑われる方で次のいずれかに該当する方です。
・認知症の診断を受けていない、または治療を中断している
・医療サービスや介護サービス等を利用していない
・何らかのサービスを利用しているが、認知症の症状が強く、どのように対応してよいか悩む、困っている


 

費用

相談費用は無料です。

支援の流れ

1 地域包括支援センター(高齢者支援課内)へご相談ください。
2 認知症初期集中支援チーム員が、対象者のご自宅へ訪問に伺います。
3 チーム員により会議を開催し、対象の方への支援方法について話し合います。
4 対象の方へ訪問し、話し合った計画に沿って支援を実施します。(必要に応じ、複数回の訪問をします。
5 居宅介護支援事業所等関係機関へ引継ぎ、介護保険サービス等の利用へ繋いでいきます。


【認知症には早めの対応が必要です】
 認知症は記憶や判断力など脳の機能が低下する病気です。本人が症状を自覚することが難しいため、家族や地域の方など、周りの人の「気づき」が対応の第一歩となります。
 認知症は早期発見・早期受診等の対応を行うことで、その後の症状の進行を遅らせたり、介護の負担を軽減することにつながります。心配になるような物忘れなど気がかりな行動、身近な方に以前と違う様子が見られましたら、早めにご相談ください。

 

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 高齢者支援課 地域包括支援係

  • 住所:深川市2条17番3号
  • 電話:0164-26-2606
  • ファクシミリ:0164-23-0800
  • メールアドレス:kourei@city.fukagawa.lg.jp