JR留萌本線(石狩沼田・留萌間)バス転換後の 新しい交通体系についてのお知らせ

最終更新日:

 令和5年4月1日のJR留萌本線の石狩沼田・留萌間の廃止に伴う新しい交通体系については、JR留萌本線沿線の自治体、JR北海道、北海道、各関係団体等による協議に基づき、留萌市・北竜町・秩父別町・深川市・旭川市を結ぶ既存の路線バス留萌旭川線を基軸とし、それぞれ地域の利用ニーズに合った交通手段をきめ細かく設定することで、持続可能な地域交通を確保することとなっています。
 また、令和8年3月31日に廃止が決定している石狩沼田・深川間に係る代替措置については、引き続き関係者で協議を行い検討を進めていきます。

令和5年4月1日からの新しい交通体系について

新しい交通体系の概要については、以下の5つを基本としています。
詳しくは、JR北海道が公表している添付ファイルをご確認ください。

1.留萌市・北竜町・秩父別町・深川市・旭川市を結ぶ広域的・幹線的な既存路線バス(留萌旭川線)を活用
2.沼田町営バスの新規ルート追加・増便により、恵比島・真布地区の通学手段の確保
3.沼田町内の乗合タクシー時間拡大および留萌旭川線との接続により、沼田町と留萌市間の円滑な移動手段の確保
4.留萌市と深川市を結ぶ早朝・夜間の乗合タクシーの新設により、通学手段の確保に加え、留萌・札幌・旭川での夜間の滞在時間の拡⼤(夜間の乗合タクシーは実証運⾏)
5.留萌管内と旭川市を⾼規格道路経由で結ぶ速達バス(沿岸特急あさひかわ号)を新設(実証運⾏)し、広域の通院・買い物等の利便を向上

早朝・夜間の乗合タクシー(留萌市デマンド乗合タクシー)に係る冬季ダイヤ(令和5年12月1日から令和6年3月31日)のご案内

 早朝・夜間の乗合タクシー(留萌市デマンド乗合タクシー)については、冬季における高規格道路の速度制限等により、運行時間の延伸が見込まれることから、12月1日~3月31日の間、冬季ダイヤを適用することといたしましたのでお知らせいたします。
 なお、詳細につきましては添付の周知用チラシをご確認願います。

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 まち未来推進課 企画係