スマートフォン版へ

北海道深川市


多重債務

多重債務で悩んでいるかたは、早めに相談を

多重債務とは、複数の貸金業者からお金を借り、返済できなくなる状態をいいます。
近年は、借金の返済のために借金を重ねた結果として多重に債務を抱えるかたが増えています。
債務者本人だけでは、適切な判断が困難になります。しかし、借金問題は必ず解決できますので、ひとりで悩まず早めに深川地域消費者センターへ相談してください。
また、債務を整理する手段として、つぎの方法があります。

任意整理

債務者本人から依頼を受けた弁護士や司法書士が直接、貸金業者などと和解交渉します。
弁護士などが貸金業者に受任通知を出すことで、借金の取り立てが止まります。
交渉により決定した弁済額を3年程度で返済していきます。

特定調停

簡易裁判所へ申し立てを行います。
調停委員が債務者本人と貸金業者の言い分を聞きながら話し合いを進め、合意ができるように調整してくれます。
調停により決定した弁済額を3年程度で返済していきます。
また、裁判所からの通知により貸金業者の取り立てが止まります。

個人再生

安定した収入のあるかたで、住宅ローンを除く債務の総額が5千万円以下の場合に利用できる方法です。
申立てに必要な書類は、債権者本人が弁護士か司法書士に依頼して作成します。
債務の一部をカットして返済する再生計画案を裁判所に提出し認められれば原則3年間で返済を行います。

自己破産

借金残高と収入からみて返済が不可能になったときの最後の手段です。
裁判所が許可すれば一部の債務を除き、借金の支払義務が免除されますが、浪費やギャンブルで借金を増やしたり、裁判所に提出する書類に偽った内容を書いたりするなど理由によっては、借金の支払義務が免除されない場合があります。

問合わせ先・担当窓口

深川地域消費者センター

  • 電話:0164-26-2210
  • ファクシミリ:0164-23-5045

経済・地域振興部 商工労政課 商工労政係