北海道深川市

ホーム メニュー

火災からあなたのくらしを守るために!

今年の火災発生件数

今年の市内での火災は5月18日現在ですでに6件発生しています。
深川地区消防組合設立以来初の火災発生10件未満を平成23年に記録し、昨年まで4年連続で火災発生10件未満を続けていますが、今年は月1件以上のハイペースで発生しています。
火災はちょっとした不注意から発生することが多くなっています。
火災のない明るい街づくりに向けて、市民みんなで火の用心に努めましょう!

こんなところから火災が…

日常生活に便利さや快適さをもたらす「火」にも、ちょっとした不注意で火災の原因となってしまいます。 火災を未然に防ぐために、みんなが「火気」に対する正しい取扱いを身につけましょう。

たばこ

タバコによる火災のイメージ
たばこの火の先端は700~800度と非常に高温で、衣類などに火をつけるだけのエネルギーをもっています。たばこを吸うときは喫煙マナーを守り、喫煙後の消火を確認する習慣を身につけましょう。
  • 寝たばこは絶対にしない。
  • 灰皿には水をいれ、必ず灰皿のあるところで吸う。
  • 完全に消えていない吸殻はくずかごに捨てない。
  • くわえタバコ、投げ捨てはしない

こんろ

コンロによる火災のイメージ
こんろの火をつけたままにしてその場を離れると、火災につながる危険がありますので必ず火を消す習慣を身につけましょう。また、こんろと壁板の距離が近すぎると壁板の内部に熱がこもり、壁材が徐々に炭化して火災につながることもあります。調理器具と壁板には適切な距離を保ちましょう。
  • こんろから離れる時は、必ず火を消す。
  • こんろのまわりは整理整頓する。
  • 古くなったガスホースは使わない。
  • グリル内は油かすをためず、定期的に清掃する。
  • こんろを使う時は衣服の着火に気をつける。

ストーブ

ストーブによる火災のイメージ
ストーブは使う人の気の緩みや不注意から火災になることがあります。取扱いや設置場所、給油方法にも充分な注意が必要です。
  • 燃えやすいものの近くや、物が接触・落下する恐れのあるところでは使用しない。
  • 外出時、退出時には必ずストーブを消す。
  • 給油や持ち運びは火が完全に消えてから行う。
  • 給油は灯油であることを確認する。絶対にガソリンは給油しない。

放火

放火による火災のイメージ
放火は常に出火原因の上位を占めています。放火は深夜、人目を避けて無作為・発作的に行われるため、普段から放火されない環境づくりが大切です。また、町内会などによる定期的な見回りなど地域社会全体での取組みが必要です。
  • 家の周りに燃えやすいものを置かない。
  • ごみは決められた日に出す。
  • 物置、車庫などには鍵をかけ、外出時や就寝時には戸締りを必ず確認する。
  • 隣近所で放火防止について話合いましょう。

火遊び

火遊びによる火災のイメージ
子供は好奇心が強く、火に対しても例外ではありません。子供が火に対して関心を示したら、火の恐ろしさや大切さを教え、正しい知識を与えることが大人の役目です。
  • 子供に火の恐ろしさ、正しい火の取り扱い方を教える。
  • 子供の手の届くところにマッチやライターを置かない。
  • 子供を一人で留守番させない。
  • 子供だけで花火などはさせない。
  • 花火などで遊ぶときは水バケツを用意するなど消火の準備を忘れない。

電気器具

電気器具による火災のイメージ
日常生活に便利な電気器具も、ちょっとした不注意から火災を引き起こします。生活の大切な道具ですから、正しい取り扱いに心がけましょう。
  • 電気のコードをカーペットや家具の下敷きにしない。
  • 壊れたコードを使用しない。
  • 家具類などに隠れているコンセントは、ほこりをためないように定期的にチェックする。
  • コードを束ねて使用しない。
  • たこ足配線はしない。
  • 電気器具の使用後はプラグを抜く。

問合わせ先・担当窓口

深川消防署

パソコン版へ

メニュー

市民向け情報


当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

カテゴリ

各課のページ

その他