北海道深川市

ホーム メニュー

住宅用火災警報器の交換時期について

平成18年の法改正で新築住宅において、住宅用火災警報器の設置が義務付けられてから10年が経ちました。住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため、10年を目安に交換しましょう。

住宅用火災警報器は10年を目安に交換をおすすめします

設置時期を調べるには

火災警報器を設置したときに記入した「設置年月」または本体に記載されている「製造年」を確認してください。

新しい火災警報器に交換したら

設置年月記入例の画像
本体の側面などに、油性ペンで「設置年月」を記入しましょう。

定期的に作動確認し、音を聞きましょう

イラスト
正常に作動している場合
ボタンを押す、またはひもを引いて作動確認をしましょう。
※音が鳴らない場合は電池切れか、故障の可能性があります。

関連書類

問合わせ先・担当窓口

深川消防署 予防課 予防係

パソコン版へ

メニュー

市民向け情報


当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

カテゴリ

各課のページ

その他