北海道深川市

ホーム メニュー

日常生活自立支援事業

成年後見人制度のスタートに合わせて、判断能力が一定程度あるが必ずしも十分でないかたのために、主に福祉サービスを適切に利用(申込み手続き、契約、利用料の支払など)できるようにすることを目的とし、地域で自立した生活を支援する制度で、契約により援助を行います。
(注意)これは、市役所で扱っている仕事ではありませんが、市民のみなさんに関わりが深いものとして、掲載しています。

制度の利用について

この制度を利用するためには、北海道社会福祉協議会と利用契約を結びます。
生活支援専門員や生活支援員が、次の援助を行います。
福祉サービスなどの利用相談、申込み手続き、苦情解決の援助。
公共料金や福祉サービスの利用料の支払や、日常的なお金の出し入れの援助。
  • 対象者:認知症の高齢者や知的障がい者、精神障がい者などで、判断能力が一定程度はあるが十分でないかた、本事業の契約内容について認識できる程度の能力のあるかた。
  • 負担額:1回あたり(1時間程度)、1,200円。交通費が必要な場合は別途実費がかかります。
  • 手続・申請:まず担当窓口にご相談ください。

問合わせ先・担当窓口

深川市社会福祉協議会

深川市総合福祉センター内

北海道地域福祉生活支援センター

深川市地域包括支援センター

健康福祉センター デ・アイ内

市民福祉部 高齢者支援課 地域包括支援係

パソコン版へ

メニュー

ガイド

当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

ピックアップ

カテゴリ

各課のページ

その他