スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 市民福祉部 健康福祉課
  4. ヘルシーコーナー
  5. ノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒を予防しましょう!

ノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒を予防しましょう!

例年、冬季(11~3月)にはノロウイルスによる食中毒が多く発生しています。
次のことに注意し、ノロウイルスの食中毒を防ぎましょう。

症状

吐き気、下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で熱が出ることもあります。
1〜2日で治まりますが、その後1週間、長い時で1か月程度ウイルスの排泄が続く場合があり、人にうつさない配慮が必要です。
また、感染しても症状がないこともあります。
※免疫力の弱い乳幼児や高齢者などでは症状が重くなる場合があるので注意が必要です!

感染経路

  • ノロウイルスのついた手で調理や配膳を行うことで、食品が汚染され感染する。
  • ノロウイルスに汚染された貝や井戸水、食品を食べたことで感染する。
  • 感染者の便や嘔吐物がついたものが口に入ったり、乾燥して舞い上がったノロウイルスを吸いこんだことで感染する。

予防法について

  • 手洗い。
  • 調理器具、布巾などは用途別に分け、十分に洗浄、消毒する。
  • 生ものの取り扱いは慎重に。
  • 加熱する(中心温度85度、1分以上)。

家庭における感染拡大防止法について

  • 吐いた物や便は感染物なので直接触れずに、つぎの順で速やかに処理する。
    1. 汚物をペーパータオルで静かに拭き取る。
    2. 0.1パーセント次亜塩素酸ナトリウムで浸すように消毒する。
    3. 10分くらいおいてから水拭きする。
    4. 拭き取りに使用したペーパータオルなどは0.1パーセント次亜塩素酸ナトリウムに5〜10分浸した後、ビニール袋に入れ、密閉し廃棄する。
      • ドアノブ、水道の蛇口、トイレの便座なども忘れずに!(0.02パーセント次亜塩素酸ナトリウム液でよい)
      • 布団などのすぐに洗濯できないものはアイロンの熱を利用してもよい。
  • 汚れた衣類の洗濯物は他のものと分ける。(できれば熱湯消毒、塩素消毒する)
  • 下痢をしている人の入浴はシャワーのみにするか、最後に入浴する。

家庭用塩素系漂白剤(ハイター・ブリーチなど)を使って簡単にできる消毒液の作り方

器具消毒・汚物処理用

市販の家庭用塩素系漂白剤(濃度約5パーセント)キャップ1/2杯(約10ミリリットル)を100倍(1リットル)に薄めたもの(0.05パーセント)
※十分に洗浄した調理器具等については0.02パーセント以上の次亜塩素酸ナトリウムの使用が可能です。

汚物処理物品の消毒用

市販の家庭用塩素系漂白剤(濃度約5パーセント)キャップ1/2杯(約10ミリリットル)を50倍(500ミリリットルの水)に薄めたもの(0.1パーセント)

感染したと思ったら

かかりつけの医師や深川保健所にご相談ください。

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 健康福祉課 健康推進係

  • 住所:深川市2条17番3号
  • 電話:0164-26-2609
  • ファクシミリ:0164-23-0800
  • メールアドレス:kenkofuk@city.fukagawa.lg.jp