ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種について

最終更新日:

平成25年度からヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンが定期接種として実施しています。この予防接種は、子宮頸がんの原因の50~70%を占めるHPV16型と18型の感染を防ぐことができると言われています。

HPVワクチンの一時的な「積極的な勧奨の差し控え」の終了について

これまで、国の方針により積極的な勧奨は差し控えていましたが、最新の知見を踏まえ、HPVワクチンの安全性について特段の懸念がないこと、接種による有効性が副反応のリスクを上回ること等が認められたため、令和4年4月より積極的な勧奨を再開することが決定しました。
積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方については、従来の定期接種の対象年齢を超えて接種することができます(キャッチアップ接種)

対象者

定期接種:小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子
キャッチアップ接種:平成9年度生まれから平成17年度生まれの女性

接種期間

定期接種:16歳になる年度の末日まで ※標準的な接種時期は中学1年生の間です
キャッチアップ接種:令和4年4月1日から令和7年3月31日まで

指定医療機関

接種を希望するかたは健康・子ども課健康推進係(電話26-2609)までご連絡ください。接種に必要な書類を送らせていただきます。
  • 指定医療機関 :深川市立病院産婦人科、津田こどもクリニック

接種料金

無料(全額助成)

接種回数・接種スケジュール

接種する医療機関の主治医とご相談ください。

問い合わせ先・担当窓口

厚生労働省ホームページに相談先一覧が記載されていますので、そちらをご参照ください。