スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 市民福祉部 健康福祉課
  4. 母と子の保健
  5. 日本脳炎の予防接種について

日本脳炎の予防接種について

日本脳炎の予防接種は、他府県では定期接種として実施していましたが、北海道は予防接種法の規定に基づき、全域を「日本脳炎の予防接種を実施する必要がないと認められる区域」に指定していました。
このため、北海道では日本脳炎の予防接種を定期予防接種として実施していませんでしたが、平成28年度以降はこの区域指定を行わないことを決定し、平成28年4月1日から定期予防接種として実施することとなりました。
この決定を受け、深川市においても平成28年4月から日本脳炎を定期予防接種として実施しています。

日本脳炎について

日本脳炎は、ウイルスを持つ蚊が人をさすことによって感染する病気です。
症状が現れる場合、数日間の高熱、頭痛、嘔吐から始まり、光への過敏症や意識障害、けいれん等の中枢神経系障害を引き起こします。
ウイルスに感染しても脳炎にかからならない人がほとんどですが、日本では過去10年間に56人発症し、3人が亡くなっています。
北海道ではこれまで40年以上日本脳炎の患者はなく、感染を媒介する蚊(コガタアカイエカ)も生息していないといわれておりますが、わずかながら北海道での感染の可能性もあるとされています。
日本脳炎ワクチンを接種する事で、体の中に日本脳炎への抵抗力(免疫)ができ、日本脳炎にかからないか、たとえかかっても軽くすみます。平成21年6月からは、重い副反応が起こりにくい安全なワクチンが用いられています。

ワクチンの副反応について

どの予防接種にも、場合によって副反応がみられることがあります。
◎日本脳炎ワクチンを接種した後、せきや鼻水がみられる事があります。
◎接種したところが赤くなることがあります。
◎きわめてまれに、副反応で重い病気にかかることがあります。 
アナフィラキシー:急激なアレルギーによってじんましんや呼吸が苦しくなります。
急性散在性脳脊髄炎:脳や脊髄に炎症がおこる病気です。熱が出る、頭が重い、けいれんがおこる、意識がはっきりしないなどの症状がみられます。
血小板減少性紫斑病:かさぶたをつくる働きの血小板が少なくなって、出血しやすくなります。皮膚の下で出血し、青あざができたりします。 
※安全なワクチンであっても、ごくまれに副反応で重い病気になる可能性があります。平成26年度末の報告では、延べ89万回の接種でショックや脳炎などの重篤な副反応が6件報告されています。

予防接種の対象者等

◎定期接種対象者
1期 生後6か月以上生後90か月に達するまでに3回まで接種
※接種間隔は1回目から2回目が6日以上、2回目から3回目が6か月以上となります。
2期 9歳以上13歳に達するまでに4回目を接種


生年月日により対象期間が異なりますのでご注意ください。
「2019年度 日本脳炎定期予防接種対象年齢 早見表」もあわせご参照ください。

平成21年10月2日以降に生まれた方

◎標準的な接種期間
1期 3歳以上4歳に達するまでに1回目、2回目を接種
   4歳以上5歳に達するまでに3回目を接種  
※接種間隔は1回目から2回目が6から28日、2回目から3回目が概ね1年となります。
2期 9歳以上10歳に達するまでに4回目を接種

【注意事項】
生後90か月(7歳6か月)に達した日からI期の定期接種の対象外となります。

平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれた方

「特例制度該当年齢」となり、生後90か月までに1期接種を完了できなかった方は、残りの回数分を9歳に達してから13歳に達するまでの間に接種することができます。

◎過去に接種歴のない方
  1. 生後90か月に達するまでに1回接種できる方は、2回目以降を9歳に達してから接種し、2回目から3回目は6か月以上、3回目から4回目は6日以上の接種間隔により接種。
  2. 生後90か月に達するまでに2回接種できる方は、3回目を9歳に達してから接種し、4回目は3回目からの6日以上の接種間隔により接種。
  3. 9歳以上の方は、13歳に達するまでの間に、1回目から2回目は6日以上(標準的には6日から28日)、2回目から3回目は6か月以上(標準的には概ね1年)、3回目から4回目は6日以上(概ね5年の間隔をあけることが望ましい)接種間隔により接種。

◎過去に接種歴のある方
13歳に達するまでの間に6日以上(3回目の接種の場合は前回接種から6か月以上)の間隔をあけて残りの回数を接種。
ただし、すでに生後90か月を超えている方は9歳に達するまでの間は定期接種の対象外となります。

【注意事項】
7歳6か月を超え9歳未満までの間及び13歳を超えた場合は定期接種の対象外となります。 

平成19年4月1日以前に生まれた方で20歳未満の方

同じく「特例制度該当年齢」となりますので、年齢に関わらず20歳に達するまでの間にⅠ期とⅡ期の計4回接種が可能です。

◎過去に接種歴のない方
1回目から2回目は6日以上(標準的には6日から28日)、2回目から回目は6か月以上(標準的には概ね1年)、3回目から4回目は6日以上(概ね5年の間隔をあけることが望ましい】の接種間隔により接種

◎過去に接種歴のある方
6日以上(3回目の接種の場合は前回接種から6か月以上)の間隔をあけて残りの回数を接種

実施医療機関

 [深川市立病院] 深川市6条6番1号(0164-22-1101)
・幼児~中学生:予防接種外来 毎週水曜日13:00~16:00(1週間前までに小児科外来に電話予約必要※電話予約の受付時間(月・水・金の8:30~16:00)
・高校生以上:内科外来 診療時間内で接種可能

[津田こどもクリニック] 深川市5条9番6号(0164-34-5311)
事前予約不要・幼児~20歳未満まで接種可能です
月・火・木・金曜日 8:30~12:00・14:00~17:00 
水・土曜日 8:30~12:00
※接種後の体調確認のため、午前中は11時まで、午後は16時までに受付をお願いします。

[成田医院] 深川市3条6番16号(0164-23-5566)
事前予約必要・中学生以上が接種可能です
医療機関へ事前に電話予約してください。

[深川内科クリニック] 深川市5条2番14号(0164-23-5511)
事前予約必要・中学生以上が接種可能です
医療機関へ事前に電話予約してください。

[児島医院] 深川市2条9番3号(0164-23-2827)
事前予約必要・中学生以上が接種可能です
医療機関へ事前に電話予約してください。

お願い

今般北海道が定期接種化を決定した理由として、感染症流行予測調査においてわずかではあるが北海道においても感染の可能性があること、さらには住民が道外や海外に行き来する機会が増えていることなどが示されており、道内での接種の必要性について検討された結果となっていますが、前述したように道内での発生者の現状や副反応の可能性も考慮したうえで、「受けるか受けないか」を保護者の方が判断くださいますようお願いします。

保護者の方が同伴できない場合

13歳以上のお子様に限り、保護者の方の同意が同意書により確認できた場合は、保護者の同伴がなくても接種が可能です。接種前に同意書に保護者が署名する必要がありますので、希望する方は健康推進係にご連絡ください。

深川市が指定した医療機関以外での接種を希望される場合

住民票は深川市にあるが生活実態は別の市町村にある等の理由で、深川市が指定する医療機関以外での接種を希望される場合は、「予防接種依頼書」を発行いたしますので、必ず健康福祉課健康推進係にご連絡ください。

問合わせ先・担当窓口

厚生労働省 予防接種情報 日本脳炎

市民福祉部 健康福祉課 健康推進係

  • 住所:深川市2条17番3号
  • 電話:0164-26-2609
  • ファクシミリ:0164-23-0800
  • メールアドレス:kenkofuk@city.fukagawa.lg.jp