遺族基礎年金

最終更新日:

遺族基礎年金は、国民年金の加入者または加入者であった人(60歳以上65歳未満の人)が死亡し、一定の保険料納付要件を満たしているときに、その人によって生計を維持されていた遺族(子のある配偶者または子)に支給されます。
遺族基礎年金の額は、基本額780,900円に子の加算額を加えた額です。
子の加算額は、1人目と2人目の子はそれぞれ224,700円、3人目以降は1人につき74,900円です。

対象者

死亡した人によって生計を維持されていた
(1)子のある配偶者 (2)子

子とは次の者に限ります
・18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
・20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子

手続・申請

国民年金遺族基礎年金請求

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 戸籍謄本
  • 世帯全員の住民票(マイナンバーをご記入いただくことで、添付を省略できます。)
  • 請求者の収入が確認できる書類(所得証明書、課税(非課税)証明書、源泉徴収票 等) (マイナンバーをご記入いただくことで、添付を省略できます。)
  • 子の収入が確認できる書類(義務教育終了前は不要、高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証 等)(マイナンバーをご記入いただくことで、添付を省略できます。) 
  • 死亡診断書 
  • 請求者の預金通帳
  • 年金証書(他の公的年金から年金を受けているとき)
  • 年金加入期間確認通知書(死亡者が共済組合に加入されていた期間があるとき)

その他・備考

遺族厚生年金については、管轄の年金事務所にお問合せください。

問合わせ先・担当窓口

砂川年金事務所

  • 電話:0125-28-9003

市民福祉部 市民課 医療年金係