スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 市民福祉部 市民課
  4. 国民年金
  5. 特別障害給付金制度

特別障害給付金制度

国民年金に任意加入していなかったことにより、障害基礎年金等を受給していない障がい者の方について、国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情にかんがみ、福祉的措置として創設された制度

対象者

  1. 平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生                                                                                 ※大学、大学院、短大、高等学校および高等専門学校(昭和61年4月から平成3年3月までは専修学校及び一部の各種学校も含む)の昼間部在学の学生
  2. 昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象であった被用者等の配偶者(※)であって、当時、任意加入していなかった期間内に初診日(初めて医師にかかった日)があり、現在、障害基礎年金の1級、2級相当の障害の状態にある方が対象となります。ただし、65歳に達する日の前日までに当該障害状態に該当した方に限る。                                                                                             ※被用者等の配偶者とは、下記の場合となります。                                                                                        (1)被用者年金制度(厚生年金保険、共済組合等)の加入者の配偶者                                                                 (2)(1)の老齢給付受給権者及び受給資格期間満了者(通算老齢・退職年金を除く)の配偶者                                                            (3)(1)の障害年金受給者の配偶者                                                                                                         (4)国会議員の配偶者                                                                                                         (5)地方議会議員の配偶者(ただし昭和37年12月以降)                                                                       

手続・申請

特別障害給付金請求

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 診断書
  • 病歴・就労状況等申立書
  • 受診状況等証明書
  • 特別障害給付金所得状況届
  • 住民票等
  • 年金を受け取る金融機関の通帳
  • 印鑑
  • その他必要書類については、個人の状況によって違いますので、市役所窓口または管轄の年金事務所にお問い合わせください。

給付金の支給について

給付金の支給は、請求のあった月の翌月分からとなります。
障害の状態の認定や、初診日、初診日における在学状況や扶養関係等を確認するために必要な書類等が全て揃わない場合でも、請求書は受付します。不足している書類等については、後日、ご提出ください。
必要書類等の準備に時間がかかり、審査が遅れた場合でも、支給が決定されれば、請求月の翌月分からの支給となります。
なお、必要な書類等を整えた場合でも、審査の結果、支給の要件に該当しないとき、あるいは支給の要件の確認ができない場合は不支給となります。
※給付金の支給を受けた方は、申請により国民年金保険料の免除を受けることができます。申請は毎年度必要です。

問合わせ先・担当窓口

納内支所

  • 電話:0164-24-2111

多度志支所

  • 電話:0164-27-2211

砂川年金事務所

  • 電話:0125-28-9003

市民福祉部 市民課 医療年金係