スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 市民福祉部 市民課
  4. 国民年金
  5. 老齢基礎年金

老齢基礎年金

 20歳から60歳になるまでの40年間の全期間、国民年金保険料を納めた方は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。
老齢基礎年金を受け取るためには、保険料納付済期間(厚生年金保険・共済組合等の加入期間を含む)と保険料免除期間などを合算した資格期間が25年以上必要でしたが、平成29年8月1日から、資格期間が10年以上あれば老齢基礎年金を受け取ることができるようになりました。
65歳に老齢基礎年金の受給権が発生する方には、65歳に到達する3カ月前に、年金加入記録等をあらかじめ印字した「年金請求書」が日本年金機構から送付されますので、下記担当窓口で手続きしてください。ただし、年金請求書の受付は、65歳(誕生日の前日)になってからです。
※老齢厚生年金請求は、管轄の年金事務所で手続きしてください。

年金額

老齢基礎年金の年金額は、年額780,100円が満額です。                                                                         (平成29年度の年金額改定により、平成29年6月支給分より年額779,300円となります。)
20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。
保険料を免除した期間は、年金額が減額で反映されます。納付猶予の期間については、年金額には反映されません。

繰り上げ・繰り下げ受給

老齢基礎年金は、原則として65歳から受けることができますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰上げて受けることができます。
ただし、繰上げ支給の請求をした時点(月単位)に応じて年金額が減額され、その減額率は一生変わりません。
なお、繰り上げ請求をすると、障害基礎年金や寡婦年金を受給できなくなったり、特別支給の老齢厚生年金のうち基礎年金相当額の支給が停止されることがありますのでご注意ください。
また、老齢基礎年金を65歳で請求せずに、66歳以降70歳までの間で繰下げて請求できます。
この場合、繰下げを申し出た時点(月単位)に応じて年金額が増額され、その増額率は一生変わりません。

手続・申請

老齢基礎年金請求

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 年金を受け取る金融機関の通帳
  • 印鑑
  • 戸籍抄本、戸籍謄本、住民票、住民票の記載事項証明書のいずれかの書類                                                       (※年金請求書に住民票コードを記入した方は、添付を省略できます)
  • その他必要書類については、個人の状況によって違いますので、年金請求書に同封されているパンフレットを確認していただくか、管轄の年金事務所にお問い合わせください。

その他・備考

老齢厚生年金を請求される方は、管轄の年金事務所で手続きしてください。

問合わせ先・担当窓口

納内支所

  • 電話:0164-24-2111

多度志支所

  • 電話:0164-27-2211

砂川年金事務所

  • 電話:0125-28-9003

市民福祉部 市民課 医療年金係