地域情報通信基盤整備推進交付金事業の事後評価について

最終更新日:

深川市では市内の情報格差解消を目的として平成21年度(平成20年度の繰越事業)と平成22年度(平成21年度の繰越事業)に地域情報通信基盤整備推進交付金を活用して伝送路を整備し、公設民営による光ブロードバンドサービスを開始しました。
今回、事業開始から5年を経過したことから地域情報通信基盤整備交付要綱第8条により事後評価を実施し、その内容を公表します。

整備計画の事後評価

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 総務課 デジタル推進室 デジタル推進係