スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 企画総務部 総務課 自治防災室
  4. 防災
  5. 深川市内の災害における危険区域

深川市内の災害における危険区域

深川市内では、大雨時に水がつきやすい区域、また地すべりや急傾斜地崩壊(がけ崩れ)、土石流等の土砂災害が起こる可能性が高い区域などを危険な区域として指定されています。これらの区域では、大雨や地震の時などにはその危険性が増しますので近寄らないとともに、近隣に住んでいる方は日頃から異変がないか注意をするようにしましょう。

深川市内の災害における危険箇所

深川市内の大雨や地震などの災害において危険性が高い場所として、重要水防区域、市街地における低地帯の浸水危険区域、地すべりやがけ崩れ等危険区域、急傾斜地崩壊危険区域、土石流危険区域などが指定されています。

重要水防区域

重要水防区域とは、堤防の決壊、漏水、川の水があふれるなどの危険が予想される区域であり、洪水などに際して水防上特に注意を要する場所のことで、深川市内では25箇所あります。深川市内の災害における危険箇所一覧表及び区域図を参照してください。

土砂災害警戒区域

種別 危険箇所 土砂災害警戒区域 土砂災害特別警戒区域
地すべり・がけ崩れ等危険 7 0 0
急傾斜地崩壊危険区域 1 0 0
土石流危険区域 37 3 0
急傾斜の崩壊
  • 傾斜度が30度以上で高さが5メートル以上の区域
  • 急傾斜地の上端から水平距離が10メートル以内の区域
  • 急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍(50メートルを超える場合は50メートル)以内の区域
土石流
  • 土石流の発生のおそれのある渓流において、 扇状になった地形の始まる頂点から下流までの勾配が2度以上の区域
地すべり
  • 地すべり区域(地すべりしている区域、または地すべりするおそれのある区域)
  • 地すべり区域の下端から地すべりを起こす一塊の断層の長さに相当する距離(250メートルを超える場合は、250メートル)の範囲内の区域

土砂災害特別警戒区域

土砂災害特別警戒区域とは、土砂災害警戒区域の中でも建築物に損壊が生じ,住民に著しい危害が生じるおそれがある区域です。

土砂災害危険箇所マップ

北海道では土砂災害の予防のため、各地における土砂災害の危険箇所を地図にして公開しています。次の北海道のホームページから深川市の区域をクリックして危険区域の確認をしてください。

土砂災害防止法

土砂災害に関する詳しい内容につきましては、次の北海道のホームページをご覧ください。

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 総務課 自治防災室 自治防災係