スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 企画総務部 税務課
  4. 市道民税
  5. 市道民税の納税方法

市道民税の納税方法

市道民税の納税方法には、普通徴収と特別徴収の二つがあり、そのいずれかによって納税することになります。

市民税・道民税の納期

日時・場所
(1)第1期
(2)第2期
(3)第3期
(4)第4期
事前申し込み
不要

普通徴収

市役所から送付された納税通知書により、年4回に分けて納税していただきます。
  • 第1期分:6月30日
  • 第2期分:8月31日
  • 第3期分:10月31日
  • 第4期分:12月28日
それぞれの期限が土曜日、日曜日となる場合は、翌週月曜日(ただし第4期は1月5日もしくは6日)が期限になります。

特別徴収

給与所得者の市道民税は、特別徴収税額通知書により市役所から給与の支払者を通して通知され、給与の支払者が毎月の給与の支払の際に、その人の給与から税金を天引きして、これを翌月の10日までに市役所に納入していただくことになっています。
これを特別徴収といい、給与の支払者を特別徴収義務者と呼んでいます。
特別徴収の場合は、6月から翌年5月までの12カ月で徴収することになっています。

特別徴収義務者の手続きについて

従業員(納税義務者)が退職、休職等の場合の手続き

特別徴収で納税している人が、退職・休職等で給与から徴収できなくなった税額は、普通徴収の方法で納税者が直接納めていただくか、本人の申し出により特別徴収義務者が一括徴収することとなります。
この場合、給与の支払を受けなくなった月の翌月10日までに下記関連書類から「給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」をダウンロードし、記入のうえ、提出してください。
退職者の一括徴収
特別徴収で納税している人が退職された場合、特別徴収税額のうち未徴収税額については、退職の時期により一括して徴収して納税していただきます。
  • 退職の日が6月1日から12月31日までの場合:本人からの一括徴収の申し出があった場合のみ、一括徴収していただきます。
  • 退職の日が1月1日から4月30日までの場合:本人からの申し出に関係なく、一括徴収していただきます。
従業員(納税義務者)が転勤の場合の手続き
転勤等により勤務先が変わった時は、新たに給与等の支払をすることとなった勤務先の名称・所在地等を新たな勤務先に連絡確認のうえ、転勤のあった月の翌月10日までに下記から「給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」をダウンロードし、記入のうえ、提出してください。

その他・備考

今年度又は来年度からの市道民税の改正については、「市道民税の主な改正内容」の項目をご覧ください。

問合わせ先・担当窓口

企画総務部 税務課 課税係