北海道深川市

ホーム メニュー

児童手当について

児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資するため、児童を養育している方に支給する制度です。

お知らせ

毎年6月に児童手当では現況届を提出していただいておりますが平成30年度から、マイナンバーカードを利用することによって、オンラインでの提出が可能となりましたので、お知らせします。
詳細は以下のPDFデータを確認ください。
申請・請求書類等の不備(記載漏れ)がある場合やシステム障害等により正常な情報が得られない場合、情報連携を行うことができないため、必要書類の提出を求めることがありますのでご注意ください。

支給額

  • 0歳〜3歳未満の子ども一人当たり月額1万5,000円
  • 3歳〜小学校修了までの第3子以降の子ども一人当たり月額1万5,000円
  • 3歳〜小学校修了までの第1子、第2子の子ども一人当たり月額1万円
  • 中学校修了(15歳に達した日以後の3月31日)までの子ども一人当たり月額1万円
  • 平成24年6月分以降は、所得制限が導入され、所得が超過した世帯については、支給対象の子ども一人当たり月額5,000円

支払い時期額

6月、10月、2月に、それぞれ前月分までを口座に振り込みします。

手当の支給について

  • 中学校修了(15歳に達した日以後の最初の3月31日)までの短期留学中の場合等を除く国内に居住する子どもを対象に支給します。
  • 児童手当は、請求した月の翌月分からが支給対象となります。転入されたかた、子どもを出産したかたについては、早めに請求の手続きをしてください。(出生の翌月に請求した場合でも、出生日の翌日から15日以内に請求すれば出生の翌月から支給されます。)
  • 公務員(独立行政法人の職員を除く)のかたは勤務先から手当が支給されますので勤務先で手続きして下さい。
  • 児童養護施設に入所している子ども等については、施設の設置者等に支給する形で手当が支給されます。
  • 未成年後見人や父母指定者(父母等が国外にいる場合のみ)に対して、父母と同様の要件で手当が支給されます。
  • 子どもを養育するかたが複数いる場合は、子どもと同居しているかたに手当が支給されます。(単身赴任の場合を除き、離婚協議中で別居中の場合にも手当の支給が可能になります)

手続・申請

認定請求書の提出がないと、手当が受けられません。
子どもの養育状況を確認するために毎年6月に「現況届」の提出が必要となります。

手続きに必要なもの

出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合

  1. 認定請求書
  2. 健康保険被保険者証の写し等(厚生年金等の被用者年金の加入が確認出来るもの)
  3. 振り込み口座通帳の写し等
  4. 別居監護申出書(養育児童と別居の場合必要)
  5. 児童の属する世帯の住民票の写し(養育児童と別居の場合必要)
  6. 印鑑
  7. 受給者、配偶者のマイナンバーカード(マイナンバー通知カード+本人確認書類若しくはマイナンバーが記載された住民票の写し+本人確認書類で代用可) ※ マイナンバーが記入されていない場合やシステム障害等により正常な情報が得られない場合、情報連携を行うことができないため、必要書類(課税証明書等)の提出を求めることがありますのでご注意ください。

出生・死亡により支給要件児童数が変わった場合

  1. 額改定請求書・額改定届
  2. 印鑑

その他・備考

児童手当の全部又は一部の支給を受けずに、これを深川市に寄附し、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援するために活かしてほしいという場合、簡便に寄附を行う手続きもありますので、お問い合わせください。
なお、寄附の申出は、支払期月ごとの前月20日までにご連絡をお願いします。

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 社会福祉課 子育て支援推進室 子育て支援係

パソコン版へ

メニュー

ガイド

当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

ピックアップ

カテゴリ

各課のページ

その他