スマートフォン版へ

北海道深川市


母子家庭等自立支援教育訓練給付金

母子家庭の母又は父子家庭の父の就業による自立を図ることを目的に、指定した講座を受講した人に対して教育訓練終了後に「自立支援教育訓練給付金」を支給します。

対象となる講座

  • 雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座
  • 国が別に定める就業に結びつく可能性の高い講座 ※厚生労働省のホームページ を参照してください。

対象者

市内に居住する母子家庭の母又は父子家庭の父であって、次の支給要件のすべてを満たしているかた。
  1. 児童扶養手当の支給を受けているかまたは支給要件と同様の所得水準にあること
  2. 受講開始日現在において、雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有していないこと
  3. 給付を受けようとするかたの就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況などから判断して、当該教育訓練を受けさせることが適職に就くために必要であると認めらるものであること。

給付内容

適職に就くために、必要な資格を取得するため雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座等を受講し、修了した場合、受講経費の60%(12千円以上で20万円を上限)を支給。

手続・申請

  1. 深川市母子家庭等自立支援教育訓練給付金事業受講対象講座指定申請
    • 訓練給付金を希望されるかたは、講座の受講開始前に、事前に母子・父子自立支援員に相談し、対象講座としての指定を受ける必要があります。
  2. 深川市母子家庭等自立支援教育訓練給付金支給申請
    • 受講終了日の翌日から1カ月以内に、支給申請手続きしてください。

手続きに必要なもの

  1. 給付金事業受講対象講座指定申請 (添付書類に省略出来るものがあります)
    • 戸籍謄本(母又は父、児童のもの)、印鑑、全員の住民票
    • 注意1 今年1月1日以降に転入されたかたは、前住所地で発行した所得証明書
    • 注意2 児童扶養手当受給者のかたは、児童扶養手当証書
  2. 給付金支給申請 (添付書類に省略出来るものがあります)
    • 申請書、通帳、戸籍謄本(母又は父、児童のもの)、全員の住民票、指定講座通知書、印鑑、教育訓練施設より受講終了の証明書、経費の領収書
    • 申請様式は、担当窓口で用意しているほか、下記よりダウンロードできます。

その他・備考

この訓練給付金の給付が受けられるのは1回限りです。
その他、雇用保険制度における給付金を受給していると、支給制限となる場合があります。

問合わせ先・担当窓口

市民福祉部 社会福祉課 子育て支援推進室 子育て支援係