スマートフォン版へ

北海道深川市


病児・病後児保育事業

病児・病後児保育室の写真 病児・病後児保育室                                                      「すくすく」

場所:深川市6条6番1号 深川市立病院4階 健診センター奥の専用スペース

 深川市では、子育てと就労等の両立を応援するため病児保育室「すくすく」を開設しています。
お子さんが病気やケガ又は病気の回復期にあり、集団保育が困難で、保護者が保育を出来ない場合に一時的にお預かりをしています。
無理なく体力を回復できるような保育と看護を心掛けています。

病児・病後児保育だより 「すくすく」

 年3回、病児・病後児保育だより「すくすく」を発行しています。病児・病後児保育についてや病気やケガの対処の仕方や風邪の予防等についても書かれているので是非ご覧ください。

対象者

・深川市内に住所を有し、保育園に通っている児童(満1歳以上から)
・深川市内に住所を有し、保護者が就労等している幼稚園児や学童保育に通っている児童(小学校3年生まで)

1日当たりの利用料

・市民税課税世帯  1人につき1日2,000円
・市民税非課税世帯及び生活保護世帯  1人につき1日1,000円
 

利用時間と定員

・月曜日から金曜日までの午前8時30分から16時30分までです。
・1日の定員は3名までで予約順です。
なお、連続利用の場合は、原則として1回につき7日までです。

利用の流れ

  1. 事前登録:いつでも利用できるように、事前に登録をお願いしています。
  2. 予約確認:利用を希望される時は、定員がある為電話で仮予約をして下さい。
  3. 診察・利用申し込み: 主治医に、病児保育で保育できるかどうか相談し、利用可能な場合は、「病児・病後児保育医師連絡書」(当日を含め2日間有効)の発行をしてもらいます。
  4. 本予約:子育て支援センターに電話(23-3455)で利用申し込みを行います。
    ※利用日の前日(正午)までに連絡すると、給食を利用できます。それ以降に申し込みの場合は、昼食のお弁当を持参していただきます。
    ※食物アレルギーの方は、お弁当・おやつは持参になります。
  5. 当日の持ち物:「病児・病後児保育利用申込書」、「病児・病後児保育医師連絡書」、健康保険証(写)、「子ども医療費受給者証(写)、必要に応じてお薬(お薬手帳の写し)、着替え(2~3枚)、バスタオル2枚、食事用の箸やスプーン、ハンドタオルやおしぼりタオル(3枚)、ビニール袋(汚物入れ用大2、小1)、紙おむつ、お尻ふき、食事用のエプロンなどです。

    ※「病児・病後児保育医師連絡書」は深川市立病院小児科外来、津田こどもクリニック、本間クリニックに備え付けてあります。これ以外の医療機関に受診する際は、下記からダウンロードするか担当窓口に問い合わせてください。なお、市内の医療機関では「病児・病後児保育医師連絡書」の発行は無料です。

手続に必要なもの

登録申込書、利用申請書、医師連絡書、印鑑
申請様式は担当窓口で用意しているほか、下記よりダウンロードできます。

問合わせ先・担当窓口

登録・問い合わせ・予約窓口

※利用日前日の正午までに連絡してください。当日利用希望の場合は、御相談下さい。

  • 住所:〒074-0006 深川市6条11番1号 2F
  • 電話:0164-23-3455

登録・問い合わせ

深川市役所社会福祉課子育て支援推進室

  • 住所:〒074-8650 深川市2条17番17号
  • 電話:0164-26-2237 
  • ファクシミリ:0164-22-8134
  • メールアドレス:kosodate@city.fukagawa.lg.jp