北海道深川市

ホーム メニュー

カセットボンベ・スプレー缶の出し方

平成30年12月に札幌市でスプレー缶の不適切な処理が原因によるガス爆発事故が発生しています。
ごみの安全な処理のため、家庭で不要になったカセットボンベ・スプレー缶は、次のことに注意して「燃やせないごみ」で排出をお願いします。

事故事例

ガス抜き中の事故について、下記のような事例があります。

  • やかんに火をかけているコンロの近くでスプレー缶のガス抜きを行った際に、ガスに引火し上半身にやけどを負った。
  • 火のついているガスコンロのそばで、スプレー缶のガス抜きを行おうと缶に穴を開けたところ、中に残っていたガスに引火し手や胸にやけどを負った。
  上記2件の事故は、近くに火気がある状況でガス抜きを行ったことにより発生しています。
 
  • 塗料の入ったスプレー缶を処分しようと穴をあけた際に、穴から塗料が噴き出し顔にかかった。
  こちらの事故は、中身が入っている状態で穴をあけたことで、ガスと一緒に内容物が勢いよく噴
  射したことにより発生しています。

ごみ出し時の注意事項

必ず中身を使い切りましょう
必ず中身を使い切ったことを確認してから、「燃やせないごみ」に出してください。
中身を確認する場合は、缶を振って中の音を確認してください。中身が残っていると「シャカシャカ」と音がします。
ガス抜きを行う場合は必ず屋外で行ってください
カセットボンベやスプレー缶などに入っているガスの多くは可燃性のガスになっています。
このガスは空気よりも重く、下へ溜まっていく性質があります。
屋内でガス抜きをするとこのガスが部屋内に充満し、ガスコンロの点火などをきっかけとして思わぬ事故につながります。
このため、ガス抜きを行う場合は必ず屋外の火の気のない風通しの良い場所で行ってください。
また、カセットボンベやスプレー缶をごみとして出す際に、必ずしも穴をあける必要はありません。
ガス抜き器具等で缶に穴をあける場合は、十分に注意して作業してください。
器具の破損でガス抜きが出来ないなど、やむを得ない場合は環境課にご相談ください
  • 例)ガス抜き方法
    例)ガス抜き方法(屋外の風通しのいい場所でおこなう!)

問合わせ先・担当窓口

建設水道部 環境課 環境係

パソコン版へ

メニュー

ガイド

当番医・防災・消防・救急

ふかがわオンライン

市内の主要施設(別サイト)

ピックアップ

カテゴリ

各課のページ

その他