ペットボトルのキャップは分別を

最終更新日:

ペットボトル分別のイメージ
 家庭などからリサイクルプラザに収集されたペットボトルの中に、キャップが付いたままのものが多く見受けられます。
 資源ごみとして収集されたペットボトルは、リサイクルプラザで圧縮梱包した後に資源化されますが、キャップが付いたままのペットボトルは、圧縮作業ができないため、キャップを取り外す作業が増え効率が悪くなります。
 ペットボトルのキャップは本体のボトルから外し「燃やせるごみ」として分別するか、すすいで「エコキャップ」として回収している団体(NPOエコキャップ推進協会など)に持ち込むようにしてください。
 また、ペットボトルと白色トレイは同一日に収集していますが、「ペットボトル」と「白色トレイ」を分けて、それぞれ別の袋に入れてごみステーションへ出してください。

問合わせ先・担当窓口

建設水道部 環境課 環境係