スマートフォン版へ

北海道深川市


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 建設水道部 環境課
  4. 3R(減量・再利用・再生利用)
  5. レジ袋削減協定締結「ビッグハウス深川店」「マックスバリュ深川店」

レジ袋削減協定締結「ビッグハウス深川店」「マックスバリュ深川店」

深川市は、平成21年2月20日(金曜日)に深川消費者協会と株式会社道北ラルズ・マックスバリュ北海道株式会社と「ごみの発生抑制と環境にやさしい省資源の推進に向けたレジ袋の削減に関する協定」を3者で締結し、レジ袋の利用減による「ごみの減量」や「資源の有効利用」のため、相互連携するなかでそれぞれの立場から取り組んでいくことを確認しました。
今後、協定締結事業所での買物の際にレジ袋が必要な場合は有料になります。
このため、買物の際には「マイバック」や「マイバスケット」などを持参し、「ごみの減量」とともに「環境にやさしい省資源の推進」にご協力をお願いします。

これまでの取り組みや注目情報

  • 深川市では、今後もレジ袋の削減のための市内に店舗を所有する事業所と協定締結したいと考えています。
  • ご希望の事業所がありましたら、ご連絡いただけるよう、よろしくお願いします。

対象者

買物をされるみなさん

負担額

以下の市内店舗において、買い物の際にレジ袋が必要な場合には、1枚あたり2円から5円でレジ袋を購入することになります。
  • ビッグハウス深川店 
    • レジ袋有料化実施日:平成21年3月1日から
  • マックスバリュ深川店
    • レジ袋有料化実施日:平成21年3月18日から
買い物の際には、マイバックやマイバスケットなどを持参し、レジ袋の消費枚数を減らしましょう。

その他・備考

平成20年11月に策定している「深川市環境基本計画」は、良好な環境を確保するため「市民」・「事業者」・「行政」の3者が協力して施策を推進するための指針です。
深川市環境基本計画では、「ごみ」が、生活に身近で関心の高い環境課題であることから、ごみの発生抑制のために3者が協力して進めることとしています。
レジ袋の削減だけにとどまらず、「食べ残しを少なくする。」「使い捨て商品の購入を自粛する。」「レンタル製品を活用する。」「物を大切に使う。」などにより、ごみの発生抑制の協力によろしくお願いします。
    • 協定締結時の様子の写真

問合わせ先・担当窓口

ビッグハウス深川店

  • 住所:深川市北光町3丁目6番8号
  • 電話:0164-26-0085

マックスバリュ深川店

  • 住所:深川市5条20番1号
  • 電話:0164-22-3300

建設水道部 環境課 環境係